スタッフブログ

2017年9月29日 金曜日

☆冷え性☆

こんにちは潮です。

冷え性
冷え性は万病のもと。様々な病気のもとになるんですよ。
そもそも、からだが冷える原因は?
脂肪は、カラダを冷やさない役目を果たしている代わりに、一度冷えると
なかなか温まらない性質を持っています。
女性に冷え性が多いのは、男性より脂肪が多いからです。
脂肪が冷えたままでいるには、常に氷をまとっているような状態。
冷房の中で無防備に過ごす機会が多いこと、脚やお腹を露出するファッションが、
脂肪を冷やす一番の原因。
また、ダイエットでエネルギー不足になると身体の機能が働かなくなり冷える原因となります。
こういう生活を続けていると、冷えは徐々にエスカレートする。
結果、血管を収縮させ血流が悪くなり、血液中の毒素が増加します。
そして体の機能が低下し、さまざまな症状を引き起こす。それが、冷え性。
つまり、冷えの終着点が冷え性ということ。
もしかしたら不調の原因は冷えかもしれません。

寒がりで電気毛布などが手放せない。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年9月27日 水曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

先日
新井は、もう一つの顔?である「絵かきさん」で
人生初の講座を開きました^^

前日は緊張して腹痛に(笑)

5人の生徒さんに「アプリでお絵かき教室・くじらさんを描こう」
というお教室でした。

そもそもなぜこの方法で絵を描き始めたのか
生徒さんの立場に立ってアプリの操作など説明し
熱心に聴いてくださるココロ優しい生徒さんに恵まれ
とてもあたたかい空気の中で
皆さんそれぞれの素敵なくじらさんが出来上がりました。

「人に何かを教える」なんて
新井の辞書には載っていない事柄でしたので(笑)
新井にとっての「挑戦」な出来事でした!
優しい生徒さんに恵まれ感謝感謝です♪

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまた来週お会いしましょう♪ 
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年9月26日 火曜日

☆★川口市で口コミ1位の整骨院★☆

みなさん、こんにちは!
受付の遠藤です(*^_^*)

暑さもひと段落し、休日は外におでかけされる事も多くなりますね♪

住宅地の公園でも『ハチにちゅうい!』と書かれた看板も目にすることが
多くなりました。
ハチに刺されると激しく痛み、ときには死につながります。

なかでも、スズメバチは秋にもっとも凶暴化すると言われています。
ハチ刺され事故の多くは9月に集中しています。

しかし、意外なことに
「ほとんどのハチは人を刺さない」ということです。
危険なハチはごく一部なんです。

さて凶暴なハチといわれる「スズメバチ」ですが
万が一遭遇してしまった場合は、絶対に興奮させないでくださいね!

・周りをしつこく飛ぶ
・狙いをつけて空中で停止する
・「カチカチ」と顎をかみ合わせて音を出す

この場合はできるだけじっとしてハチが飛び去るのを待ちましょう。

けっして、怖いからと手で振り払わないように!!

かく言う、私も運転中に窓から大きなハチが入ってきてパニックになった経験があります・・・


「ハチ刺され事故」は怖いですが、ハチは無差別に襲ってくるわけでは
ありませんから、冷静に対応しましょう・・・(^-^;





このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年9月24日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です。

最近の朝と夜はだんだん涼しくなってきましたねー

秋を感じられるようになりましたね。

この時期といえば、今咳のみの風邪が流行っているようです。

新妻も最近この風邪の咳に悩ませれています。

少しずつ落ち着いているのでよかったです。

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。

体調管理をしっかりし、風邪の予防をしっかりしましょう!

それではブログに入ります。


男のカラダ、女のカラダ、秘密は受容体の分布にあり。

ホルモンは主に3種類に分類される。
コレステロールからできているステロイド系、アミノ酸が1列につながったタンパク質(ペプチド)系、アミノ酸を材料とするアミノ酸誘導体系だ。
性ホルモンはこのうちステロイド系のホルモンに属する。
ちなみに抗ストレスホルモンのコルチゾールも同じステロイド系。

さて、このステロイドホルモン、ちょっと特殊な働き方をする。
細胞の核の中にはDNAという遺伝子の本体が鎮座しているが、ステロイドホルモンはそのDNAと直結し、細胞の増殖などを促す働きをするのだ。
他のふたつのホルモンは細胞膜上の受容体に作用するのに対して、なぜ、そんな大胆なことができるのか?

ステロイドホルモンの材料は脂質であるコレステロール。細胞膜を構成するリン脂質とは同じ脂質仲間。
よって膜間をすいすい通りぬけ自由なのだ。
さらに、ステロイドホルモンの受容体はもともと細胞の中にある。
つまり、鍵と鍵穴が細胞の中でくっついて、さらに細胞の核の中まで入り込み、生命の設計図であるDNAと結合するという仕組み。

ここに男女のカラダの違いが生まれる謎が隠されている。
上のイラストの細胞を骨格筋の細胞、あるいは脂肪細胞と考えれば答えはおのずと推測できる。
男性ホルモンの受容体は肩まわりや胸など鍛えればムキッとしやすい部分に多く存在し、女性ホルモンのそれは、下腹部や大腿まわりなど皮下脂肪がつきやすい部位に多いと考えられるのだ。

オトコにも更年期!?
問題は男性ホルモンの激減。

やたら汗が出る、のぼせる、不眠に頭痛にイライラ。
ああ女性特有の更年期障害ね。
と訳知り顔で同情を寄せる紳士のみなさま。
人ごとじゃありません。
まるっと同じような症状が、50歳前後の男性にも表れることがあるんです。
そう、男性更年期障害ってやつです。
第二次性徴期以降、女性は一定リズムを刻む性ホルモン周期とともに人生を送り、卵巣機能が衰える50歳前後でホルモン分泌の量が激減する。
このホルモンバランスの変化によって起こるのが更年期の症状。

これに対して男性は、性ホルモン分泌が20歳まで右肩上がり、これをピークにあとはひたすら緩やかに分泌量が減っていく。
ところが、最近では過剰なストレスなどによって精巣の機能が低下、性ホルモンの量が女性並みに激減し、更年期の症状に見舞われる男性も少なくないのだ。

ちなみに、交通事故で亡くなった中高年男性の約半分に、前立腺がんが発見されるという。
前立腺がんは男性ホルモン由来のがん。
分泌が低下する年齢になると、がん組織はあっても増殖しないし発症もしないという証拠。
ありがたいような哀しいような。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう!
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年9月22日 金曜日

☆目の疲れ☆

こんにちは潮です。


通勤電車でのスマホ、読書は目の毒
スマホを見たり、読書、細かい字を書くと疲れ目に陥ります。
年と共にその傾向はますます強くなってくるものですが、この疲れ目が肩こりの原因の一つです。
眼球のまわりには6つの小さな筋肉が付着していて、その筋肉の働きで眼が動くのです。
電車に体が揺られても読書ができるのは、そのおかげなのです。
眼を疲れさせないためには光量を十分に彩ること。
動いている状態でスマホや本を読むことは眼を極度に疲労させるので注意してください。
眼につかれを覚えたら視線を遠くに向けることと自然の緑を見ることをお勧めします。
自宅では目を冷やしたり温めたりすることを交互にすることにより血流が良くなり疲労回復しやすいです。
遠く見たり近くを見たりすることにより遠近法のトレーニングになるので老眼の予防としてお試しください。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31