スタッフブログ

2017年7月30日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です!

梅雨明けしたのにスッキリしない天気が続いていますねー

湿気が強いとじめじめしていて、体調がすぐれないという方も少なくないと思います。

湿気が強いと、新妻の髪の毛が反応します(笑)

これから天気が回復するといいですね!

それではブログに入ります。

「1:1:2」で食べる。

「姿勢のいい食事」が身についていれば、特定の食材を節約する必要はないし、多少お菓子やアルコールを口にしても、特別太る心配はまずない。

では、具体的には1日3食の食事内容をどう組み立てていくか。
なに面倒なカロリー計算は必要ない。
あるシンプルな法則さえ覚えておけば、確実に食べたものをエネルギーに変換できるようになる。
原則は「1:1:2」。
主食1に対して、タンパク質を1、野菜を2という比率でいただく。
ただこれだけだ。
ごはん120gだったら肉または魚を120g、野菜を240g食べればいい。
たっぷりの野菜から補給できるのは、もちろん代謝を助けるビタミン、ミネラル、フィトケミカルに余分な脂質をカラダから排出してくれる食物繊維などなどだ。

野菜は葉野菜だけでなく、トマトやブロッコリーなど重量のあるものを組み合わせることがポイントだ。
ただし、夕食に限っては、ニンジンやカボチャなど糖質の多い野菜は控えること。
外食では、なかなかこれだけの野菜を補給するのが難しいかもしれない。
そんなときは、主食1:タンパク質1:野菜1に野菜ジュースをプラスしてもよし。


代謝力を上げる「サプリメント」の摂り方。

脂質は糖質に比べて代謝に膨大な手間がかかる。
TCAサイクルに取り込まれ、酸素を介して燃やされるまでに、何度も化学変化を繰り返す必要があるのだ。
食生活のバランスが悪いと、そのプロセスのどこかが停滞し、脂質の代謝はストップしてしまいがち。
「1:1:2」の法則で3食しっかり食べていると、TCAサイクルにたどり着くまでのプロセスが停滞するリスクがぐっと減る。
この状態ではじめて、脂質代謝に効果的といわれるサプリメントを取り入れる意味が生まれてくるのだ。
食事を整える→マルチビタミンミネラルで微量栄養素を底上げする→カルニチン、CoQ10、γ-リノレン酸などで脂質代謝をより促す。
この手続きを踏まないでいくら高価なサプリを補給しても、思ったような効果がさっぱり得られないってことになる。

さて、まずは今の食生活を「1:1:2」のバランスにシフトさせてみてほしい。
3か月と待たずとも、体脂肪の溜まりにくいカラダに変身できる可能性は大。
何かをガマンしてマイナスするのではなく、食事でプラスしながら脂肪を燃やす。
これがホントの賢い食べ方。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう!

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年7月28日 金曜日

夏バテパート2!

こんにちわ潮です。

夏の暑さと健康
人間の体は気温がどんどん上がってくると汗が出て体温が上がり過ぎないよう調節をしています。また、汗だけではなく暑いときには皮膚の表面近くの毛細血管が拡張し熱を放出することで体温を調節しています。冬には逆に血管を収縮させて体温の放出を防ぎ、皮下脂肪を厚くして内臓等が一定の温度に保たれるよう保護します。
夏の暑さは一種のストレスなので、胃液の分泌や酸度を低下させ食欲も減退します。寒いときは熱量の多い脂肪や代謝を高めるタンパク質は良いのですが、糖質より消化時間がかかるので消化管の機能低下をしているときには消化の良い糖質は夏には理にかなっています。
その糖質がエネルギーとして使われるときに必要な栄養素がビタミンB1です。
ビタミンB1は激しい運動、発熱などのストレスが加わると消化量が増えてきます。夏は暑さのストレスのせいで他の季節の倍くらいビタミンB1消費されると言われます。さらに厚くなってくると麺類や冷たい飲み物を頻繁にとるため、いつもより糖質の摂取が多くなりやすいです。つまり糖質の代謝に必要なビタミンB1が増えB1の摂取がそれに追いつけないので、夏バテにさらに拍車をかけるのです。
最近はそれだけではなく冷房のきいた部屋で一日の大半を過ごしたり、冷房の効いた部屋と暑い部屋とを何度も出入りすることで体温調節がうまくいかなくなります。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年7月26日 水曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

先日、
以前、新妻先生がブログでアップしたことがある「君よ生きて」の演出家の望月龍平さんの舞台
龍平カンパニー「文七元結 the musical!」を観てまいりました^^

時は江戸時代の粋な人たちの笑いあり涙ありの物語。
テンポよく場面が進み思わず引き込まれます。
腹がよじれるほど笑って、、ああ笑うって大切だなぁと感じました。
そして終わったころは、ココロぽかぽかな舞台でした。

わたくし、
実はこの舞台を2日間連続で観に行きましたhappy02

この舞台、全ての講演後に「トークショー」がございまして
私が行ったトークショーの最初の日は
喜多川泰先生❤

次の日は
比田井和孝先生❤
という私のために龍平さんありがとう♪という企画だったのです(笑)

大好きな先生と観劇して感激❤(←え?)
幸せな時間を過ごさせていただきました!


本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまた来週お会いしましょう♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年7月23日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です。

関東の梅雨明けが発表されましたね!

暑いですねー

これ以上暑くなったら死んじゃいますねー

そんな暑い日は、海やプールに行って涼みたいですねー

新妻も少し行くのを検討してみたいと思います(笑)

それではブログに入ります。


「姿勢のいい食事」とはなにか?

痩せないわけがない、思っているだろう。
ところが、これが「姿勢の悪い」考え方。
姿勢のいい人はカラダを動かすときの効率が極めていい。
これに対して、姿勢の悪い人は同じ動作をしても、どこかモタついた印象になりがちだ。

食生活もこれと同様。
「姿勢のいい食事」とは、食事で摂った栄養素を余すことなくエネルギーに変換できる組み合わせを1回の食事の中で整えること。
ビタミン、ミネラルなど代謝を促す栄養素をしっかり補給することだ。
カップケーキの一部はエネルギーに変換されずに脂質に化ける。
トータル600キロカロリーの食事を摂ったとしてもビタミネが充実していればエネルギーを持て余すリスクは極めて低い。
これぞ「姿勢のいい食事」。

運搬力のある「血液」を作れ

血液を介していかに酸素や栄養を全身に巡らせることができるか。
これもまた、脂質代謝アップのポイントのひとつ。
ご存知の通り、体脂肪は酸素を使った有酸素運動で主にエネルギーに変換されるからだ。

酸素と栄養の運搬役は、赤血球。
これはトラックに当たる。
赤血球の色素成分、ヘモグロビンはトラックの積載量に相当する。
軽トラックと10トントラック、どちらが多くの荷物を運べるかは一目瞭然。
ならば、どうするか。
まずはトラックの台数を増やす。
赤血球の材料、タンパク質を1食のうちできちんと摂ることが重要だ。
続いて1台ずつの積載量を上げる。
ヘモグロビンの材料となる鉄とその合成を促すビタミンB群をしっかり補給する。

これらの栄養素がもれなく摂れていてはじめて、有酸素運動の効果が期待できるのだ。
ちょっとカラダを動かすだけでゼーゼー息が切れてしまう。
これは血液の酸素運搬能力が低く、酸素を満足に運べていないせい。
台数も積載量も少ないトラックがせっせと頑張っても運動に必要な酸素は到底供給できない。
で、心臓が頑張って心拍を上げる。
その結果、ゼーゼーバクバク状態に陥ってしまうというわけ。
これでは有酸素運動、叶うわけがない。

それでは今日はこのあたりで。

最後に、夏休み中は交通量の増加が考えられます。

もし事故に遭ってしまったら、まず警察に連絡しましょう。

その後必ず病院に行きましょう!

もしわからないことがありましたら、当院にご連絡ください!

それではまた来週会いましょう!

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2017年7月21日 金曜日

夏バテ防止

こんにちわ潮です。

夏バテを予防するには
夏を元気で乗り切るためには、食事と生活面での両方の注意が必要になります。

①量よりも質を重んじた食事にする
疲れ気味の胃腸に負担をかけないために、肉魚は脂肪が少なく良質のたんぱく質を含んでいる物を、野菜は栄養価の高い緑黄色野菜を、加熱してたっぷりとるようにします。
旬の野菜や果物は、疲労回復を高めるビタミンB群やCを含むので、オススメです。
冷たいものというよりも夏食べるとスタミナのつく食べ物が良いでしょう。例えば冷やっこなどは良質のたんぱく質とカルシュウム源となり、薬味は消化液の分泌を増加します。

②糖質のとり過ぎを防ぎ、ビタミンB1をとる
清涼飲料水は水を牛乳に、麺類だけですませたりせず、ビタミンB1を多く含んでいる食品を献立に加えます。

③香辛料で食欲増進
カレー粉、しそ、バジルなどの香りは、食欲を増進させ、梅干しなどの酸味は胃液の分泌をよくし消化を助けます。香辛料や塩分は食欲増進の他に殺菌作用もありますが、口やのどの粘膜を強く刺激して痛めますので上手に利用します。

④室温を25度以下にしない事
外気温との差は5度以下にし、体温の調整に無理のない程度にします。時々換気をしたり、一日に連続して2時間位は冷房のないところにいるよう心がけましょう。

⑤規則正しい生活を
暑くて寝苦しければ、寝入りばなだけクーラーをつけ、睡眠不足にならないよう早寝早起きを心がけましょう。夏バテの症状は個人差が大きく、特に朝食が欲しくなくなったり好みが変化したりし、比較的あっさりした冷たいもの、水気の多いものが欲しくなり気温上昇のストレスと精神的なものが加わると食欲不振が一層激しくなります。

暑い日が続きますので身体のケアにはくれぐれも気を付けてください。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31