スタッフブログ

2016年9月30日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

柔整師コジマの四方山話 99

 おはようございます。

 昨日は、日中ずっと雨の予報でしたが、お昼前には雨もやんで、なんとかも

ちました。実は昨日、母の四十九日の納骨でした。谷中霊園にて、最後の別れ

をしてきました。長男とも半年ぶりに再開。社会人一年生で苦労も多そうでし

たが、皆が経験すること。ま、なんとかやっているようで一安心。順当に行け

ば、次は私がここに入るわけですね。

 すみません。昨日は、帰宅後にビールを飲んで続けて焼酎、ワインと続き、

すっかり酔っ払ってしまいました。飲み過ぎました、ゴメナサイ。

 よく見れば、今回は99回目。次は100回目ですね。でもきっと、たいしたお

話しはできないでしょう。あとどれだけ続けられるか分かりませんが、しばし

お付き合いいただければと思います。

 今週はこれにて。久々の二日酔いでした。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年9月28日 水曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。


最近、勤務先で書くブラックボードには、
われらが先生方の似顔絵を登場させるのが定番化してまいりました(*^^*)

今回のテーマは「口コミがお得です!」です^^

写真画像の貼りつけを奮闘したのですが
・・・がわからないので、
ブラックボードを当院まで是非見に来てくださいね!

口コミで何がお得なのか・・・
是非お問合せくださいませ^^

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまたお会いしましょう♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年9月25日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

気温も下がり、過ごしやすい日が続いていますね。

夏が終わり、秋を迎えます。

季節の変わり目はなぜか切ないです。

夏とはしばらくお別れですからね。

また来年会おう「夏」!

それではブログに入ります。


長時間座っていると痛む

座り続けていると腰周辺の筋肉を動かせないため硬直し、血行不良によって虚血性の痛みが生じやすくなります。
また、椎間板や椎間関節に長時間圧力がかかって痛むケースもあります。
どちらもレントゲンの画像からは判断できない腰痛です。
多くは手術が必要な重篤な症状ではないと診断され、湿布や痛み止めを処方されるにとどまるようです。
こうした腰痛でも時間をかけて診察してくれる病院も少ないながらあり、そこでは前屈、後屈などの動きから痛みの原因を特定し、その人に合った運動療法を指導してくれます。
これを人体力学で診ると、呼吸器が弱くなったことで痛むようになった例が数多く確認されました。
呼吸器の硬直が、どのように腰に影響をするのかを解説していきます。

①肺が硬直して下がり腸骨も動かなくなる

呼吸器の衰えなどから慢性疲労に陥ると、①肺が硬直して下がっていく。
すると腰で上体を支えきれなくなっていき、骨盤は後傾する。
結果的に②腸骨の可動域が狭まり、動きも失われていく。

②腰まわりの筋肉が硬直し股関節が固くなる

腰の可動性が失われると③大・中・小殿筋が硬直していき、時間とともにやせ細る。
こうした筋肉は④股関節の動きに悪影響を及ぼし、歩くことすらおっくうに。
すると腰まわりの筋肉が、さらに硬直していく。

③骨盤後傾により腰椎5番に大きな負荷が
骨盤の後傾により、腰椎4、5番のあいだを通る⑤ヤコピー線にあるべき空間がなくなる。
腰椎の生理的湾曲が維持できなくなるとともに腰椎自体の機能も低下するため、いちばん下の⑥腰椎5番で体を支えることになる。

④腰椎4番と仙骨にも影響し周囲の筋肉が血行不良に
腰椎5番が硬直して動きが制限されると、上下にある⑦腰椎4番や⑧仙骨にも影響する。
また、ここから、それぞれに付着している筋肉にも硬直を連鎖させ、血行不良から虚血性の痛みに。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年9月23日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

柔整師コジマの四方山話 98

 おはようございます。今週は、月曜日が祝日だったため、昨日の休診日を加えて、めったにない週休2日の勤務。やはり2日休めると身体が楽です。とはいえ生憎の空模様で、朝からずっと雨。ここのところ久しく太陽を見ていないので、ちょっと気分も下降気味です。こんな日は、ラジオを聞きながら読書。積まれたままの本をまとめて読むことができました。

 そんな休日でしたが、一昨日帰宅した際、部屋の中全体がどうにも生臭い。要は生ゴミの匂いが充満していました。いろいろチェックしてようやくその原因を発見。先の祝日、さいたまの実家へ戻った際、帰りにいつものように食材を買って来たのですが、肉や魚は用意した保冷バッグに詰めてきました。いつもはすぐに冷蔵庫へ収納するのですが、収納がいい加減なため満杯。そこで、魚を除いて収納を後回しにして保冷バッグのをそのままにしておきました。結局、その生鮮品を3日間放置してしまったわけです。この時期に3日も放置すればどうなるかは、皆さんも想像できますよね。合計金額としては1000円ほどでしたが、実にもったいないことをしました。これじゃ、何のために保冷バッグを用意して行ったのか分かりませんね。

 生鮮食品と言えば肉と魚が思い浮かびますが、私は、どちらかと言えば魚派。放置されていたのは主に肉でした。肉は、使い勝手の良い小間切れを買うことが多いのですが、今回はそれに加えて挽肉も購入。野菜が不足がちのため、買い置きしてあったピーマンを使い肉詰めを作ろうとしたわけです。このように、カレーなどを作るときに鶏肉を買う以外は、ほとんどが豚肉です。買うのは国産品と決めているため牛肉はちょっと手が出ません。

 その豚肉ですが、もちろん価格の要素は一番ですが、豚肉は品種が少なく、どの部位にもそれほど味に大きな差がないことや、食肉の種類の中では比較的柔らかいこともあり人気があります。それだけでなく、パワーの源といわれるほど、滋養強壮や疲労回復に効果があるといわれています。人には、体で合成できないアミノ酸が8種類あり、これを必須アミノ酸といい、食事から摂取しなければなりません。そして豚肉は、この8種類のアミノ酸をバランスよく含んでいるのです。

 なかでもビタミンB1が豊富です。鶏肉や牛肉に比べて10倍以上と言われます。糖質がエネルギーに変わるにはビタミンB1が必要ですが、不足すると、疲労の回復が遅かったり、脳に必要な糖の栄養が送られなかったり、末梢神経が正常に機能しなくなったりすることがあります。その他にも、体内の塩分を排出させて、むくみを解消してくれる効果のあるカリウムも豊富です。そして大雑把にまとめると「イライラ解消」「疲労回復」「高血圧改善」「美容効果」が期待できる優れものといえます。

 皆さんは、どんな豚肉料理がお好きですか? 私は生姜焼とホイコーロが好物なのですが、なぜか妙にかつ丼がが食べたくなってきました。そういえば、お蕎麦屋さんに行くと必ずかつ丼がありますよね。「カツ丼に使うツユが、そばツユ由来の旨いダシを使うから」という説がありますが、どうなんでしょうか。そういえば「かつ丼屋さん」はあまりみかけないですね。というわけで、今日の昼食は、お蕎麦屋さんのかつ丼に決定しました(^|^)
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年9月18日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

9月に入り、暑さもだいぶ和らいできましたね。

ただまだ湿気が強い日が続いているので、もうしばらくじめじめした感じを我慢しなければいけないですね。

そんな日には除湿器を使い湿気を除去し、過ぎしやすい環境を作りましょう。

それではブログに移ります。


ときおり、しびれる感じがする

医学的には、おもに神経が圧迫されることでもたらされる症状と診断されます。
とくに多いのが、椎間板ヘルニアや背骨の変形から、背骨を通る脊柱管と呼ばれる大きな神経の通路が圧迫され、しびれるケース。
この場合は悪化すると日常生活に支障をきたすため、病院でしびれや麻痺を訴えるとMRIによる詳細な画像診断を勧められます。
そのため基本的にしびれが生じたときは、一度受診して手術が必要な症状か確認すべきですが、画像からは異常が見当たらないことも。
これは、静止状態の体を投影した画像から判断したことが大きいのではないかと思います。

人体力学を用いて調べると、腰椎の可動性の低下、もしくは画像診断では異常を見つけるのが難しい仙骨からきている可能性があることがわかります。

①腰椎5番が出ると腰椎全体のはたらきが鈍る
長時間座って痛む状態が続くと、骨盤の後傾から①腰椎5番が出っ張ったままになる。すると、すぐ上にある②腰椎3番、③腰椎4番にも負荷がかかり硬直。動きも鈍くなり、腰全体のはたらきが悪くなる。

②腰椎で上半身を支えられず大・中・小殿筋が硬直
腰から柔軟性が失われると、上半身の重みを腰椎で支えるのが困難になる。すると骨盤がさらに後傾し、④股関節や⑤仙骨で支えるように。弱っている⑥大・中・小殿筋にいっそうの負荷がかかり、やせ細ってくる。

③股関節のこわばりが梨状筋に影響
大・中・小殿筋は、股関節の内転、外転の動きを担う。
これらがはたらかなくなると、仙骨と股関節を結んでいる⑦梨状筋にも影響する。梨状筋の硬直は⑧坐骨神経を刺激することもあり、ここからしびれが生じることも。

④骨盤の後傾から姿勢が悪化
骨盤の後傾がひどくなると、重心は後ろ寄りになる。
この状態で生活するために、⑨胸椎を使って上体を前に移動させる。すると椎骨全体が弓なりになり、背中の曲がった老人のような姿勢へと変わっていく。

⑤脊柱起立筋群にもストレスがかかり痛む
前屈したことで⑩脊柱起立筋群にストレスがかかり、動きが制限されて血行不良による痛みが生じる。
この段階なら「蒸しタオル法」などによる刺激で解消できる場合もあるが、放っておくと痛みは増す。

⑥仙骨に強いストレスがかかり神経にも影響
梨状筋や⑪腰腸肋筋、⑫胸最長筋は、⑬仙骨孔の2番から4番に付着している。
筋肉の硬直と姿勢により仙骨に大きなストレスが加わり、ここから出ている神経にも影響を与えて、しびれに至る。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31