スタッフブログ

2016年4月25日 月曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

先日は
尊敬し愛してやまない我武者羅應援團の大演舞会に行ってまいりました。

スタッフとして毎年参加しておりますが
今年は、整骨院での受付業務が活きて
前年より積極的な対応ができたと思っております。

気合と本気の応援で世界を熱くする我武者羅應援團。
頑張る人を応援する応援団のメッセージは
いつも、いつもココロに響きまくり
号泣しております。

チャレンジする事。
うれしい悲しい悔しい楽しいすべての感情を味わい尽くす事。
今をガムシャラに生きること。
伝えたい事は今伝えること。
未来の自分が喜ぶ生き方をすること。
あの時頑張ったから今がある、
そう思えたら今の苦しみは決して無駄じゃない。

毎年、この時期はココロをジャブジャブ洗濯する時期で、
我武者羅應援團は私の原点です。

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまたお会いしましょう♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年4月24日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

ゴールデンウィークが近づいていますね。

遠出する方、実家に帰る方、様々だと思います。

ちなみに新妻は実家の福島に帰ります。

高速バスで帰る予定ですが、混雑するのが心配です。

ゴールデンウィーク交通量が増えると思いますので、くれぐれも事故にはお気をつけください。

それでは今日は、「自賠責保険」についてです。


自賠責保険の請求

以上任意保険で述べたように、被害者としては強制保険と任意保険の両方で請求できる場合には、任意保険の基準により保険会社の担当者と交渉すれば良いのですが、中には任意保険には加入せず、強制保険のみ加入しているケースもあります。
そこで強制保険の概略を次に説明しましょう。

自賠責の改正
平成14年4月から、政府再保険制度廃止に伴い、保険料が改定されました。
また保険会社に対し支払いの根拠の情報開示を義務付けました。
また支払い限度額の引き上げや、無保険車への罰則も強化し、保険が切れている場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金になり強化されました。

自賠責の基本的な特徴
自賠責は、被害者救済という社会政策的な観点から創設された保険であり、補償される損害も人損に限られ、物損は含まれません。
したがって最低補償的意味あいが強く出ています。
被害者の直接請求を認めているのが特徴で、保険会社に対する免責を制限しています。
また保険料率が非営利的であり、保険金の差し押さえを禁止しています。
また、無保険車に対する政府の損害賠償保障事業を実施しており、過失相殺による減額も制限されています。

自賠法3条について
自賠責で保険の対象となるには、自賠法3条の車の運行によって生じた損害であることが必要です。
昔はこの運行について争いのあった時代もありましたが、今では駐車中の車や牽引車等を含めて、車の移動中や、移動と時間的に密接した駐停車を含めた車庫から車庫までに起きた事故が対象となると考えられています。
また、自賠法3条では他人の損害を補償しており、昔は夫運転の車に同乗者の妻が、他人かどうかで争われた事件もありましたが、現在では同乗中の親族は他人に該当するとして、保険金が支払われています。
また同乗中の交替運転手については、二人の運転が共同運行に当たる場合、保険金が支払われないとした判決があります。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。

さようなら。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年4月22日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

柔整師コジマの四方山話 78

 おはようございます。まだまだ予断を許さない熊本の地震。遅れ

ばせながら、改めてお見舞い申し上げます。

 さて、ここのところ、この地震関連で「エコノミー症候群」とい

う言葉をよく耳にします。これは、正式には「静脈血栓塞栓症」と

いうようです。長時間同じ姿勢を取り続けることで、脚の静脈の血

が流れにくくなり、膝裏あたりの静脈に血栓ができることによって

起こります。そして、その血栓が血流に乗って肺まで流れると肺動

脈が詰まり胸の痛みや息苦しさなどを感じます。肺動脈が詰まると

、肺の肺胞に血液が流れずガス交換ができなくなります。その結果

、動脈血の酸素分圧が低下し、呼吸困難をきたすというわけです。

軽度であればいいのですが、最悪の場合は死に至ることもあります

。飛行機、なかでも座席の狭いエコノミークラス席で発病する確率

が高いと思われているためにエコノミークラス症候群と呼ばれます

が、長時間同じ体勢でいることが問題ということです。

 さて、その原因ですが、長時間の足の運動不足と乾燥が原因と言

われます。ご存知のように、血液は、筋肉の収縮運動で足から心臓

に戻ります。長時間、足を動かさないままでいると、血液の流れが

滞って血栓ができやすくなります。また、乾燥により水分が体から

失われます。このような状態で水分補給を怠ると、血液が濃くなっ

てしまい、いわゆるドロドロな血液になってしまい血栓ができやす

くなってしまいます。

 症状も軽い場合は、足のむくみや痛みがありますが、分かりずら

い場合もあるので、注意が必要です。とくに足のむくみは分かりず

らいものですが、膝の裏あたりが腫れて痛い場合は、その可能性が

高まります。

 予防するのは、さほど難しいことではありません。「水分補給

」と「足の運動」です。その他にも、ゆったりとした伸縮性のある

衣服を着たり、睡眠薬の使用を控えるなども挙げられています。


 ところで、防災に関する文章などによく用いられる有名な警句と

して「天災は忘れた頃に来る」というものがあります。寺田寅彦が

言い出したといわれていますが、真偽のほどは定かではありません

。故事ことわざ辞典では「天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起

こるものであるから、用心を怠らないこと。油断は禁物であるとい

う戒め」とあります。東北の地震からちょうど5年、まさにこの戒

めの事態になってしまったわけです。

 私の埼玉在住歴からの判断になりますが、これまで特に大きな天

災に見舞われたことはないように記憶しています。しかし、埼玉か

ら東京都にかけては、立川断層というものが存在し、地震の危険性

が高いとも言われています。関東大震災が起こったのが1923年(大

正12年)9月1日。こんなときですから、寺田寅彦の警句を、今一度

思い起こすことも必要かもしれません。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年4月18日 月曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

先日は
ご縁紡ぎ大東京2期、第4講目でした(o^^o)

講師は、中村文昭さんのお兄さまの「中村典義先生」。

ブライダルをプロデュースされる典義先生の感動のお話をもう一度聴きたくて行ってまいりましたm(_ _)m

幸せ度は、感情ではなくプラス理想を高め考えを深めより行動することで大きくなる。
結婚式を挙げる意味、それは結婚後の家族の幸せのためにある。その背景を見据えた未来視点の大切さ、未来から見た視点でプロデュースをしていく・・・。

すべては「幸せのために」。
幸せの形について深く考える時間となりました。

また今回のお話は
ブライダルプロデュース以外にも応用できるお話でした。

2期生が、どんどんチーム力が高まる姿は、1期の立場として感動で素敵でした!

また、この時期に聴いた典義先生のお話は、何か絶対に意味がある。
そう強く感じた時間でした。

懇親会に一番最後に向かったのに、お兄さまの隣席が、まるで用意してくれていたかのように空いていてチャッカリ座り記念撮影(≧∇≦)♡嬉しかったな!!!

本日はここまで。
喜多川先生の塾のお話しについては、、
引っ越しの中でどこかにいったノートが発見されたら、、
お話したいと思います。
※引越しで塾のノートがどこかに・・・

そして、次回のお話しの内容はいかに・・・

お読みいただきありがとうございました。

それではまたお会いしましょう♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年4月17日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

今日は風が強い一日でしたね。

横殴りの雨が降ったりやんだりで不安定な天気でしたね。

来週は晴れるといいですね。

それでは今日も交通事故に関してです。

①示談とは、民事上の責任の賠償を交渉する場

事故を起こしたことにより加害者の負う3つの責任

刑事上の責任
・事故により人を死傷させると、刑法に定められた懲役刑・禁固刑・罰金刑を負う
・他人の建造物を壊したとき、道交法により禁固刑・罰金刑を負う

行政上の責任
・事故により人を死傷させた、道交法に違反していたなどは、免許証が停止・取消される

民事上の責任
・事故により人を死傷させたり、物に損害を与えたりした場合、自賠法および民法に基づき損害賠償責任を負う

示談

被害者→損害に対する賠償の請求

賠償額や支払い方法など双方が納得した場合、示談が成立する

加害者→相手に与えた損害を賠償

・示談書の内容は覆せない
示談をするということは、加害者が被害者に対し賠償金を支払うことを約束し、被害者はその金額で納得したとする契約のことです。
通常、被害者と加害者の話し合いがまとまったときは、内容を示談書にまとめ、双方が署名押印してそれぞれ一通ずつ持つことになります。
ですから、いったん示談が成立したら、加害者が賠償額を減額したり、被害者が再度の支払いを請求したりすることはできません。
「あの金額は間違いだった」では済まされないのです。
また、気をつけなければならないのは、口頭での約束です。
口約束も「示談」として成立してしまいます。
無用のトラブルを避けるためにも、双方が納得した場合は示談書を作成し、分割払いなど長期にわたる支払い条件が入っているときは、公正証書にしておくとよいでしょう。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。

さようなら。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31