スタッフブログ

2016年2月29日 月曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

先週最終回を迎えた、喜多川泰先生の塾は
まだまだ仲間の中で余韻に浸っている状況です。
本当に素敵な時間だったのだなぁと感じています。

そして、先日は、
人生で一番長い時間の夜行バスで
神戸まで行ってまいりました。
喜多川先生の塾の内容や、
神戸のお話は、また今度。

では、先週の続き「訊く」について投稿させていただきます。

突然ですが、「きく」って
耳で聞いているだけとお思いの方が多いと思います。

しかし、ビリー先生の公開ワークで
私たちはけして「耳」だけで話を聞いているわけではないことがわかりました。

サイレントボイス
ってご存知ですか?

声にならないココロの声を
私たちはちゃんと感じています。
聞こえているのです。

だから、
日頃使用する「言葉」ってとても大切だと感じました。

ワークとしては
一人の男性が前に立ち
両手の握りこぶしを上下に重ねます。
ビリー先生がその上下の握りこぶしを力づくで離そうとしますが離れません。

男性の背後のホワイトボードに
「バカ」「バカ野郎」とビリー先生が書きます。
「みなさん、ホワイトボードに書いた言葉をココロでつぶやいてください」

みんなココロでつぶやきます。
そして、ビリー先生が再び男性の握りこぶしを力づくで離すと
いとも簡単に離れてしまいました。

男性は「???」という表情をしています。

次にホワイトボードに
「ありがとう」とビリー先生が書きました。
みんなココロでつぶやきます。

すると、握りこぶしは離れないんです。

私たちは、
声にならない声をちゃんとキャッチしている事がわかりました。

本日はここまで。
次回は、この「聞く 聴く 訊く」について
あとちょっとだけお話したいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

それではまたお会いしましょう♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年2月28日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

最近気温の変化が激しいような気がします。

そのおかげで新妻の身体も調子のほうがよくないようです。

今インフルエンザが流行っているようですね。

予防をしっかりし、体調管理もしっかりしましょう。

それでは今日は、「3つの損害賠償額算定基準」について説明させていただきます。

損害賠償額の算定基準には、①自賠責保険の支払い基準、②任意保険の支払い基準、③弁護士会による基準があります。
被害者は、弁護士会基準による損害賠償請求額を目標金額とし、加害者と交渉します。

損害賠償額を決める3つの算定基準
損害賠償額の算定は、修理費などの実費以外に、将来の収入分の損害や精神的な損害も含まれるため、非常に複雑な作業となります。
そこで、これを迅速かつ公平に処理するため、自賠責保険、任意保険、弁護士会では、それぞれ以下のような算定基準を設けています。

①自賠責保険基準
②任意保険基準
③弁護士会(裁判所)基準

弁護士会基準は賠償額が最も高く算出される

自賠責保険基準<任意保険基準<弁護士会基準

①自賠責保険基準は、自賠法に支払い基準が明記されており、損害賠償金はこれに基づいて支払われます。
補償金額は最も少なく算出されます。

②任意保険基準は、損害保険各社の支払い基準です。
保険の自由化以前は統一された支払い基準がありましたが、現在では廃止されています。
ただし、現在でも統一基準を参考に賠償額を提示する保険会社があります。

③弁護士会基準は、弁護士会が過去の判例を参考に基準額を算定したものです。
日弁連交通事故相談センター東京支部の作成する「民事交通訴訟 損害賠償算定基準」(通称「赤い本」)がこれにあたります。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。

さようなら。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年2月26日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

柔整師コジマの四方山話 71

  おはようございます。昨日の休診日は、朝から物件探しです。一度、ほぼ決めていたところがあったのですが、やはり高いかなと。毎月の出費を概算で出して計算してみたら、どうも無理な感じです。なんとかいけそうだけど「余裕」がまったくないのです。どんな出費があるか分かりませんから、ぎりぎりの状態は避けたほうがいいという結論に達しました。なので、また一から始めるわけですから、ホント疲れます。

 そんな切羽詰まった状態でしたが、午後は厚生局と県の共同開催による講習会へ参加。お題は「柔道整復療養費請求の適正化」。忘れていたこともあり、現況になりました。その後は、実家での介護や買い物などで、帰宅は7時過ぎになり、あっという間に一日が終わりました。

 さて、ここしばらく痛みが出て悩んでいた肩甲骨周辺ですが、少し和らいできた感じです。当院自慢の治療器ES-530のおかげかもしれません。しかし、肩甲骨というのは、自分で見るのが難しい場所にあります。自分の背中なんて、なかなか見ないですよね。この肩甲骨の下方にある筋肉に広背筋というものがあります。胸椎の下方と腰椎、腸骨稜、肩甲骨下方から始まり、上方に伸びて上腕骨に至るとても大きな筋肉です。この筋肉が発達していると、逆三角形の
かっこいい体形になります。重いものを持ち上げたり下げたりすることが多い仕事をする人にとっては、作業が楽になる、とても実用的な筋肉でもあります。

 その他にも、背筋が伸びる効果があります。結果、猫背の改善や背中・肩のこりにも有効です。また、とても大きな筋肉ですから、鍛えることで基礎代謝の向上にも繋がりますし、多くの人が気になっているであろうポッコリお腹の解消にも役立ちます。お腹と言うと腹筋にとらわれ過ぎですが、広背筋は身体の横と後面からお腹を引っ張ることでサポートしていることを覚えておくといいでしょう。

 この広背筋を鍛えるには、懸垂がよく知られていて、その効果も高いのですが、負荷も高いため、実際にはなかなかできませんよね。試しにどこかぶら下がれる場所でやってみてください。いかに大変かが分かります。そう考えると「ダンベルローイング」という方法がわりと簡単にできそうです。ダンベルがなければ、ペットボトルでいいでしょう。片腕を伸ばして腰を曲げて椅子などに手をつきます。そして、鍛えたいほうの腕を真っすぐに伸ばして、腕の力を使うのではなく、肘を引き上げて背中を意識してダンベル(ペットボトル)を持ち上げます。その他にも、いろいろな方法がありますから自分に合った方法を調べてやってみるといいでしょう。

 体操や水泳の選手の後姿はかっこいいですよね。あそこまでは無理としても、すっと伸びた美しい姿勢になるよう、引っ越しが無事に終わったらチャレンジしてみようと秘かに思っています。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年2月24日 水曜日

自律神経施術で評判の戸塚安行整骨院

みなさんおはようございます。 受付の五島です。

最近、睡眠時間が短くて、朝起きられません。

集中力も弱くなるし、眠らないとほんといいことないですね。

ついでに、足もよく組んでいる自分に気がつきました。

自律神経をよりよく保つためにはどうするか?という内容のブログを

担当しているくせに、反対のことばかりしています。

明日から生活を見直したいと思います。

たまには、反省してリセットしなくてはいけませんね。


 さて、今日は、自律神経と、みんな大好き『アンチエイジング』にも効果がある

しょうが味噌汁をご紹介します。

  毎回書いて着ていますが、冷えは万病の元です。

体温が一度下がると、12パーセント代謝が下がるのだそうです。

免疫力が下がれば、アレルギー症状なども出やすくなります。

内臓機能も低下のなかでも、脳の低下が腸と密接なかかわりがあり、

ボケにつながるそうです。

冷えは、自律神経の働きも下げるため、うつも起こりやすくなります。

これらすべての症状が現れたものこそ、老化です。

つまり、冷えをとることは、アンチエイジングへとつながるのです。
 

いつも飲んでいるお味噌汁に一人分約10グラムのしょうがを

すりいれて飲んでみてください。

しょうがの辛味や香りは体温を上げたり、血液循環を良くします。

また、味噌は発酵食品ですし、塩分は体を温める効果もあるのです。

 毎日飲むものに一工夫でこんなに簡単でいいことはないですね。

さっそく試してみてくださいね。

  ではまた水曜日に。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2016年2月22日 月曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

大好きな喜多川泰先生の塾の全5回に通っていましたが
昨日で終了となってしまって、今はしんみりとしています。

本を読む習慣がない方に特におすすめしたい。
喜多川泰先生のご著書。
読書の習慣の一歩目、
そして、読書の世界が広がっていくこととなるでしょう。
私はそう思っています。

さて、「聞く 聴く 訊く」の続きです。

山下先生(ビリー先生)は、売れっ子コンサルタント
「きく」を実践してダメダメ営業からスペシャルな営業に転じた方。

そのスペシャルな営業のビリー先生の「きく」のお話しはとても興味深かったです。

ビリー先生はあるアンケートを取りました。
「あなたにとって、理想的な上司、理想的な両親、理想的なパートナーはどんな人ですか?」
と質問すると「ある共通点」が見えてきた。

それは、「自分の話をしっかりと(最後まで)聞いてくれる人」
98%の方がそう答えた。

人の話を聞くということは、受動的なことと思いますが、実は発信する行為
「ちゃんと話を聞いている」を相手に伝えることが大切。

聞く
音・声を耳に受ける。耳に感じる。

聴く
注意して耳にとめる。耳を傾ける。

訊く
たずねて答えをもとめる。問う。

「きく」の定義
相手方(発信元)の情報や想い考えを自分なりに理解し受け止め、それを相手(発信元)に確認し承認を得た状態。

今まで「聴く」にとどまっていたと思いました。
「訊く」・・・確認と承認が足りなかったと思いました。

そこで、前回の「名刺交換」の話に戻るのですが
名刺の交換の後、皆さんは
その名刺をいただいた方の
名前をフルネームかつ正しい漢字で書けますか?
その人がどこにお勤めで、どんなお仕事をされているか語れますか?

ビリー先生流の名刺交換は
①名刺交換をさせていただいてもよろしいでしょうか?
②名前を確認し読み上げる
③名前の漢字も含めて相手に問いながら読み上げる。
④会社名を読み上げる
⑤どのような会社なのか確認し復唱する。

相手は、自分に興味をもってくれているという印象を与えるそうです。
ワークで実践開始後、会場の皆さんの会話がはずみます。
ビリー先生が「ストップ」というまで盛り上がります。
そして、「ストップ」し、AグループBグループが相手の事を説明したのですが
相手の名前を漢字でフルネームで書けたり、
職業の内容までしっかりと把握することができました。

そして「訊く」の勉強の最後は・・・

本日はここまで。
次回は、この「聞く 聴く 訊く」について
もう少しお話しを深めていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

それではまたお会いしましょう♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31