スタッフブログ

2014年3月29日 土曜日

手根管症候群

親指の内側半分、人差し指・中指・薬指の内側半分、てのひら

に痛みとしびれが生じ、感覚が低下してしまう疾患です。

夜間、痛みのために目が覚めるといった症状が出ます。

手を振ると痛みが軽減することがあります。

進行すると、親指の付け根の筋肉(母指球筋)が痩せて

しまったり、ボタンをかける、物を摘まむといった動作が

しづらくなります。

手根管症候群は、手をよく使う50代の女性に多い疾患です。

また、長期間、人工透析を受けている人にも手根管症候群

と同じ症状が起こりやすい傾向にあります。

人工透析を受けている場合は、血管内にアミロイドという

成分がたくさん付着してしまうため、神経を圧迫してしまう

のです。

手根管症候群は、進行すると痛みが肘・肩へと放散して

行きますが、知覚障害は手だけに起こります。

手首には手根骨と横手根靭帯に囲まれた狭いスペースの

中に、いくつもの腱や神経が通っています。

手首を使いすぎると、腱が太くなってしまうため、ここを通って

いる正中神経が圧迫され、痛みや痺れが生じるのです。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2014年3月28日 金曜日

手関節捻挫

手首を急激にねじるよう動作をくり返したり、転んだ時に起こる

手首の捻挫です。

手関節は橈骨と8つの手根骨で形成されている複合関節です。

これらの骨は、それぞれ靭帯により結合されています。

手関節の捻挫の中でも、特に小指側にねじるような動きで

軟骨や靭帯を傷つけてしまうのが、三角線維軟骨の捻挫です。

この三角線維軟骨(TFCC)はクッションの役目を果たしながら

関節を安定させています。

このTFCCは、もともと血行が良くない部分なので、捻挫して

しまうと治りが悪い部分です。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2014年3月26日 水曜日

ドゥ・ケルバン病

20代から50代の女性、妊娠時、産後や更年期、また美容師

さんなど手をよく使う方に多い、手首の親指側が痛む腱鞘炎

です。

発症すると、痛みのためタオルを絞る、ペットボトルのふたを

開けるなどと動作がつらくなります。

親指には何本もの腱が付いています。

そのうち、親指を伸ばす動きをするのが短母指伸筋腱で、

親指を広げる働きをするのが、長母指外転筋腱です。

この二本の腱は、ともに手首の親指側にあるトンネル状の

腱鞘の中を通っています。

赤ちゃんを抱っこしたり、親指を使いすぎると、腱鞘が肥大

したり、腱の表面が傷ついたりして炎症が起こって、痛みや

腫れを生じるのです。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2014年3月25日 火曜日

ばね指・弾発指

手をよく使う中年以降の女性の親指、中指、薬指に発症する

事が多い疾患です。

弾発現象といって、指を伸ばすと戻らなくなったり、曲げられ

なくなります。

このため、弾発指とか、スナッピングフィンガー、狭窄性腱鞘

炎、肥厚性腱鞘炎と呼ばれます。

このばね指は、指を曲げる筋肉の腱(屈筋腱)が指の付け根

のあたりで腱鞘というトンネル状の通り道を通る際、腱の周囲

で炎症が起こり、腱鞘の内径が狭くなり、腱が引っかかって

しまうのです。

指の使い過ぎが原因といわれています。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL

2014年3月18日 火曜日

へバーデン結節

手の指の第一関節が腫れ、痛みがあり、爪も変形していたら

へバーデン結節の可能性があります。

このへバーデン結節は、中年以降の女性に見られる疾患で、

変形性関節症の一つです。

第一関節以外の他の関節まで広がるようなことはありません。

この結節というのは、指の第一関節の背側にできる骨の

変形によるふくらみのことをさし、この疾患を最初に報告した

ヘバーデン博士にちなんで、へバーデン結節と呼ばれます。

変形が進むとまるで骨折でもしたかのように曲がってしまい

ます。

原因はホルモンが関係しているという説もありますが、

はっきりしていません。

ちなみに、第二関節が痛む場合はへバーデン結節ではなく

リウマチが疑われます。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ | 記事URL