スタッフブログ

2018年5月18日 金曜日

テニス肘

こんにちは 

テニス肘について
一般的には、年齢とともに肘の腱が痛んで起こります。
病態や原因についてはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が
肘外側で障害されて生じると考えられています。
短橈側手根伸筋は手首を伸ばす働きをします。

トーマステストやチェアテストをします。

症状
タオルを絞る、荷物を持ち上げる等で肘外側から前腕にかけて痛みが出ます。
肘の曲げ伸ばしの運動では痛みが少ないなど、特徴的な痛みがあります。
症状が悪化すると、握力が次第に低下してしまいます。
物を落としたり、握る動作だけでも痛みがでるようになります。


保存療法
肘の日常生活でのな安静は、なかなか難しいので、電気療法、温熱療法、ストレッチ療法
などが効果的な治療となります。
手首や指のストレッチをこまめにします。
右肘伸展位で前腕の回内と回外を左手で抵抗をかけつつけん引すると、手、肘、肩ばで
ストレッチされます。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30