スタッフブログ

2018年4月 6日 金曜日

寝違え

こんにちは 
潮です。

寝違えについて
寝違えは頸部周囲のどこかに負荷がかかり、筋肉や靭帯、関節などに
炎症を起こしている状態です。

寝ている間も寝返りをうつなど姿勢を変えますが、長時間同じ姿勢をとっていたり、
不自然なかっこうになった状態で寝てしまうことで、首の一部に負荷が集中して
炎症を起こしてしまいます。
炎症を無理に動かしてしまうと、更に炎症がひどくなり、痛みが増えてしまいます。
決して無理に動かさないようにしましょう。
また、長時間同じ姿勢で作業をしたり、重いものを持ったりすると首の筋肉や関節に
負荷がかかり、炎症が増えてしまうので注意しましょう。

首を動かすと痛みを出しやすいので、腕を軽く動かしたり、肩甲骨を回すように
動かしたりすると、周りの筋肉が緩みやすくなり、寝違えが改善しやすいです。

予防として
運動不足や同じ姿勢が多いと血流が悪くなり、筋肉が凝ってしまいます。
適度な運動、ストレッチを心がけましょう。

高すぎる枕は控えましょう。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30