スタッフブログ

2018年2月14日 水曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

平昌オリンピックが開催中ですね^^
https://www.asahi.com/olympics/

そこで
★オリンピック豆知識★

<夏季オリンピックと冬季オリンピック>
オリンピックには、夏季大会と冬季大会があります。
夏季オリンピック第1回大会は、1896年にアテネ(ギリシャ)で開催されました。
冬季オリンピック第1回大会は、シャモニー・モンブラン(フランス)で開催されました。
途中世界大戦で中断しながらも、現在まで継続されています。
1994年以降は、西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピック、その2年後に冬季オリンピックというふうに、2年おきに夏季大会と冬季大会を交互に開催しています。当初は、夏季オリンピックと冬季オリンピックは同じ年に同じ国で開催されることになっていましたが、1928年のアムステルダム大会では、オランダに雪山がなくて会場が確保できませんでした。そのため、サンモリッツで開催されることになり、その後は夏季大会と冬季大会は同じ国で開催されるという原則がなくなりました。

<オリンピックの開催地>
オリンピックは、基本的に都市が主体となって開催しますが、用地などの問題から、その都市の近隣に会場が分散されることが多いですね。近年は、オリンピックの規模が大きくなってきていて、この傾向も多くなっているようです。オリンピックのほとんどの大会は北半球で開催されていて、南半球では1956年のメルボルン大会と2000年のシドニー大会のみです。これは、北半球と南半球の季節が逆になるということに大きな原因があります。特に、冬季大会では、シーズンがかみあわないし、南半球では降雪量が少なくてウィンタースポーツの設備も充分でないため、実質的には開催できないようです。

<オリンピックのシンボルマーク>
オリンピックのシンボルマークは、五色の輪が重なり合った形ですが、これはクーベルタン男爵が考案したものです。
意味としては、
世界5大陸(青:オセアニア、黄:アジア、黒:アフリカ、緑:ヨーロッパ、赤:アメリカ)
五つの自然現象(火の赤・水の青・木の緑・土の黒・砂の黄色)
スポーツの5大鉄則(情熱・水分・体力・技術・栄養)
を五つの色であらわし、さらに、

5つの重なり合う輪は、平和への発展を願ったもの

ということです。

また、この五つの色で、全ての国旗があらわされているともいわれます。
このマークは、1914年にIOCの創設20周年記念式典で披露され、1920年のアントワープ大会から使用されています。木綿で作られた五輪旗は一度盗まれたことがありますし、1980年のモスクワ大会では閉会式で次のアメリカに五輪旗がわたされない(ボイコットしていた)という事もありました。1992年のバルセロナ夏季大会からは、合成樹脂の五輪旗が使われています。

<オリンピックへの日本の参加>
日本が初めてオリンピックに参加したのは、1912年のストックホルム夏季大会です。
最初は陸上の男子のみの参加でした。
1928年のアムステルダム大会からは女子選手も参加しています。
1940年の大会は、東京に招致が成功しましたが、第二次世界大戦が原因で開催権を返上し、大会が中止されました。戦後は、1952年ヘルシンキ夏季大会から参加しています。日本国内では、1964年に東京(アジア初の夏季大会)、1972年に札幌(アジア初の冬季大会)、1998年に長野(冬季)で開催されました。日本人初の金メダルは、1928年アムステルダム大会の陸上・三段跳び、織田幹雄でした。

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまた来週お会いしましょう♪ 

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30