スタッフブログ

2017年10月 8日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です!

まだ日によっては汗ばむ日がありますね。

ただそろそろ気温が下がりヒートテックの活躍する時期が来るのではないでしょうか?

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。

体調を崩さないよう、管理をしっかりし寒くなる季節に備えましょう!

それではブログに入ります。

【治療】
糖尿病の治療は食事、運動、薬物治療の3つが主な治療法であるが、糖尿病の発症、進展には生活習慣による関与が大きく、患者の糖尿病に対する正しい理解と治療法の実行がない限り改善や軽快は望めず、そのためにも教育が不可欠である。

①食事療法:糖尿病治療の基本
ⅰ)摂取エネルギー量:1日の摂取エネルギー量は標準体重をもとに性別、活動量などを加味して決める。
ⅱ)栄養素のバランス:エネルギー摂取量が決まれば、その範囲内で糖質、蛋白質、脂質の3大栄養素をバランスよく配分する。
ⅲ)食品交換表:糖尿病の食事療法をより簡便に行うことができるように、日本糖尿病学会では「糖尿病食事療法のための食品交換表」を出版している。

ⅳ)食事療法での注意
・禁酒、ショ糖(砂糖)・食塩の制限。

②運動療法
ⅰ)運動の効果;運動の効果はエネルギーを消費する作用もあるが、インスリンの感受性を高め、インスリン作用を強め、血糖値、脂質代謝を改善する
ⅱ)運動療法の種類:運動には運動の方法により動的運動と静的運動、運動の強度により無酸素運動と有酸素運動がある。

・運動の方法
動的運動:歩く、走る、泳ぐなど場所を移しながら行う運動で、1人でもできるなどの理由から、歩行がよく勧められる。

静的運動:場所の移動のない筋肉運動(筋肉トレーニング、ストレッチ、ダンベル)などをいう。

運動には次の効果がある

①運動の急性効果としてブドウ糖、脂肪酸の利用が促進され血糖が低下する
②運動の慢性効果としてインスリン抵抗性が改善する
③エネルギーの摂取量、消費量のバランスをよくし減量効果がある
④加齢や運動不足による筋委縮や、骨粗鬆症の予防に有効である
⑤高血圧や脂質異常症の改善に有効である
⑥心肺機能をよくする
⑦運動能力が向上する
⑧爽快感、活動気分など日常生活のQOLを高める効果も期待できる

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう!








このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31