スタッフブログ

2017年8月27日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です!

もう8月も終わりに近づいてますねー

夏休みの宿題は終わったかなー?

新妻は、当時は夏休み最終日に徹夜して宿題をやっていました笑

懐かしいです。

夏の終わりはさびしくなりますが、また来年夏を無事迎えられることを祈りましょう!

それではブログに入ります。

Q関節のどの部分が特に重要?

A肩関節と股関節、球関節がカラダのサスペンションになる。

カラダ全体の柔軟性に大きく関わる関節。
全身には200から300もの関節が存在する為、その全体像を把握するには大きく3つに分けるとわかりやすい。

1つ目は指の第一関節など1つの方向にのみ動かせる一軸性関節、2つ目は縦と横へ動かせる2軸性関節、そして3つ目は360度に動かせる多軸性関節である。
多軸性関節は球関節と呼ばれ、代表的なのが肩関節と股関節である。

肩関節と股関節はいずれも体幹と手足をつなぐ重要な関節。
ボールを投げる、腕を振るといった動作には肩関節の、歩く、走る、カラダを捻るなどの動作には股関節の柔らかさが欠かせない。
もちろん日常生活動作においても同様だ。
球関節は常にしっかり動かせるようにしておこう。

[1軸関節]
可動性関節の1種。
運動軸が1つで、1つの面だけで運動を行う関節。
肘関節や指関節など屈伸運動しかできない関節が含まれる。

[2軸性関節]
これも可動性関節の1種で、前後と側方の2方向へ運動可能な関節を指す。
代表的なものには手首や指の付け根がある。

[球関節]
骨の一端が半球状に盛り上がり、もう一方はそれがはまるよう窪んでいる360度自由に動かせる関節。
肩関節や股関節が代表的。

関節の構造

[筋肉]
関節においては膜を介してつながっており、関節を実際に動かすためのパワーを出す役割を担っている。
関節の屈曲時には主働筋が収縮し拮抗筋が伸展する。

[関節腔]
関節部分のわずかな隙間のこと。
内部は関節包から分泌する関節液で満たされている。
関節を動かしても骨同士が摩擦を起こさないのはここがあるおかげ。

[軟骨]
上下で向き合う骨の先を覆うクッションの役割。
血管等は通っておらず、関節液から栄養素を受け取る。
加齢や運動が原因ですり減り、機能が低下します。

[骨膜]
骨の周囲を覆っている膜。
膜には血管と神経が通っており、これが骨の内部に栄養を供給する。
またこれにより骨に動いている感覚作用が起こるのだ。

[関節包]
関節を包む結合組織。
外側は線維膜で、その一部が関節の動きを制御する靭帯となっている。
内部は滑膜で構成され、摩擦を防ぐ関節液を分泌する。

それでは今日はこのあたりで。

夏休み中、お盆休み中に交通事故には遭われませんでしたか?

警察、病院には行かれましたか?

もし交通事故に遭われて、何かわからないことや、不安な事がございましたら「戸塚安行整骨院」にご連絡ください!


また来週会いましょう!



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31