スタッフブログ

2017年7月30日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です!

梅雨明けしたのにスッキリしない天気が続いていますねー

湿気が強いとじめじめしていて、体調がすぐれないという方も少なくないと思います。

湿気が強いと、新妻の髪の毛が反応します(笑)

これから天気が回復するといいですね!

それではブログに入ります。

「1:1:2」で食べる。

「姿勢のいい食事」が身についていれば、特定の食材を節約する必要はないし、多少お菓子やアルコールを口にしても、特別太る心配はまずない。

では、具体的には1日3食の食事内容をどう組み立てていくか。
なに面倒なカロリー計算は必要ない。
あるシンプルな法則さえ覚えておけば、確実に食べたものをエネルギーに変換できるようになる。
原則は「1:1:2」。
主食1に対して、タンパク質を1、野菜を2という比率でいただく。
ただこれだけだ。
ごはん120gだったら肉または魚を120g、野菜を240g食べればいい。
たっぷりの野菜から補給できるのは、もちろん代謝を助けるビタミン、ミネラル、フィトケミカルに余分な脂質をカラダから排出してくれる食物繊維などなどだ。

野菜は葉野菜だけでなく、トマトやブロッコリーなど重量のあるものを組み合わせることがポイントだ。
ただし、夕食に限っては、ニンジンやカボチャなど糖質の多い野菜は控えること。
外食では、なかなかこれだけの野菜を補給するのが難しいかもしれない。
そんなときは、主食1:タンパク質1:野菜1に野菜ジュースをプラスしてもよし。


代謝力を上げる「サプリメント」の摂り方。

脂質は糖質に比べて代謝に膨大な手間がかかる。
TCAサイクルに取り込まれ、酸素を介して燃やされるまでに、何度も化学変化を繰り返す必要があるのだ。
食生活のバランスが悪いと、そのプロセスのどこかが停滞し、脂質の代謝はストップしてしまいがち。
「1:1:2」の法則で3食しっかり食べていると、TCAサイクルにたどり着くまでのプロセスが停滞するリスクがぐっと減る。
この状態ではじめて、脂質代謝に効果的といわれるサプリメントを取り入れる意味が生まれてくるのだ。
食事を整える→マルチビタミンミネラルで微量栄養素を底上げする→カルニチン、CoQ10、γ-リノレン酸などで脂質代謝をより促す。
この手続きを踏まないでいくら高価なサプリを補給しても、思ったような効果がさっぱり得られないってことになる。

さて、まずは今の食生活を「1:1:2」のバランスにシフトさせてみてほしい。
3か月と待たずとも、体脂肪の溜まりにくいカラダに変身できる可能性は大。
何かをガマンしてマイナスするのではなく、食事でプラスしながら脂肪を燃やす。
これがホントの賢い食べ方。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう!



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31