スタッフブログ

2017年6月30日 金曜日

脳トレ

こんにちわ潮です。

脳の老化を防ぐには、脳の働きが衰えないように普段から脳を鍛えておくことが大切です。具体的に言うと脳に刺激を与えて活性化を促すわけですが、体の末梢神経を敏感にする方法と脳そのものを刺激する方法があります。脳が衰えると指先など、末梢の神経の感覚が鈍くなるのですが、これはそれらの感覚を脳が情報として受け取ることができなくなることを意味します。
体に何らかの歪みや捻じれがあると触覚、圧覚、痛覚などの皮膚感覚が衰えることがあります。これは末梢神経の血行がわるくなっていることが原因です。
脳そのものを鍛えるには、脳への血流量を増やすことによって可能になります。頭部への血液の流れが悪くなると、脳の機能が衰えてくるからです。
脳は頭蓋骨の中で内圧を受けながら守られています。この内圧は同時に脳を圧迫しているため、内圧が高くなると血流量が減ってきます。頭部へのマッサージによって緊張をとってあげれば内圧を下げ、脳の血流を活発にすることができるのです。
1指先の感覚を鍛える。
指先を絨毯などに軽く触れさせ、その感覚を覚えておきます。
次に指の両側を20秒から30秒ほど強めにこすり、もう一度指先を絨毯などに触れ、感触に違いがあるか確かめてみます。
指先の感覚を鍛えたり、指を回したり、手首を回したり、足首を回したり、足の指のストレッチをお勧めします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31