スタッフブログ

2017年6月 4日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です!

ここ最近夜は涼しい日が続いているような気がします。

半袖で窓を開けて寝ると、夜中寒くて目が覚めてしまうぐらいですね。

ただ梅雨が近づいているので、暑くなるのも時間の問題ですよー

クーラーや扇風機のメンテナンスをし、夏を乗り越える準備を早めにしましょう!

それではブログに移ります。

Q筋トレ前後に摂っておくべきサプリを教えてください。
A筋トレ前にはアミノ酸サプリ、直後にプロテインパウダーを。

筋トレの前後にピンポイントで栄養補給するなら、サプリメントが便利。
そしてどんなサプリを摂るかで、トレーニング効果に差が出る。

筋トレ前に摂りたいのはアミノ酸。
具体的にはBCAA、グルタミン、それにアルギニン。
これらのアミノ酸は筋トレ時の筋肉のダメージを最小限に抑えて、トレーニング後の筋肉の回復を助ける働きがある。
BCAAとは分岐鎖アミノ酸の略称。
バリン、ロイシン、イソロイシンという3つの必須アミノ酸の総称である。
BCAAは運動中、筋肉のタンパク質の分解を抑え、運動後は筋肉の合成を促進してそのリカバリーをアシストする。
グルタミンは体内で合成できるが、筋トレのように強い負荷をかけると消費量が増えるため、サプリで補うべき。
そしてアルギニンは血流を促して疲労回復を助ける。
「筋トレの30分ほど前にこれらのアミノ酸を摂り、血中濃度を高めるといいでしょう」
運動直後に摂りたいのはプロテインパウダー。
プロテイン=タンパク質で、プロテインパウダーとはホエイ(乳清。牛乳の水溶成分などを材料にタンパク質をパウダー状に精製したもの。
無駄なカロリーをカットしてタンパク質が効率的に摂取できる。
筋トレ直後からおよそ60分、筋肉のタンパク質合成作用が高まっているいわゆるゴールデンタイムにプロテインパウダーを摂取すると、筋肥大を促す働きが期待できる。

Q普段の食生活で気をつけておくべきポイントを教えてください。

A毎食摂りたい5つの柱があります。

筋トレは週2日もやれば十分。
でも、トレーニングの前後にせっせとサプリを摂っても、それ以外の5日間の食生活がメチャメチャでは何にもならない。
1日3食でカラダが求める栄養素をちゃんと補給したい。
必ず摂りたいのは、牛乳・乳製品、鶏卵、大豆・大豆食品、肉類、魚介類の5本柱。
メインのおかずである主菜の食材となる食品である。
これらはタンパク質の供給源。
一度筋トレをすると、その後48時間くらいは筋肉内のタンパク質合成が高まるから、5本柱からタンパク質を過不足なく摂りたい。
朝食で牛乳と卵、昼食で大豆・大豆食品と魚介類、夕食で肉類といった具合に5本柱を1日最低1回摂るように心がけていると、筋肉作りに必要なアミノ酸が偏りなく摂取できる。

5本柱はタンパク質以外にもさまざまな栄養素を含む。
牛乳・乳製品は骨の代謝を助けるカルシウムとビタミンDの供給源。
鶏卵には抗酸化作用を持つビタミンA&Eが含まれている。
大豆・大豆食品から摂れるのは、マグネシウムや抗酸化作用が高いイソフラボンなど。
肉類からはビタミンAやビタミンB群、鉄などが摂れる。
そして青魚のような魚介類は、体内で合成されないEAPやDHCなどの必須脂肪酸が豊富。
パン&コーヒー、うどん+おにぎりといった単調な食事を避け、5つの柱に不足しやすい野菜をプラスしたバラエティ豊かな食卓を目指そう。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう!



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31