スタッフブログ

2017年5月14日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは!

戸塚安行整骨院の新妻です。

私事ではございますが、9日火曜日に初めてスカイツリーがあるソラマチに行ってきました!

どんぐり共和国ではトトロの上にメイちゃんが乗っているシーンの動くジオラマがあり、癒されました!

すみだ水族館にはペンギンの赤ちゃんを見ることができ、これもまた癒されました!

ペンギンの赤ちゃんは期間限定で見ることができるので興味のある方はお早めに!

それではブログに入ります。

Q筋トレと有酸素を同時にやるなら、どちらを先にやった方がいいの?
A筋トレ→有酸素の順番だと無駄な体脂肪も減らせます。

ジムなどで筋トレとランやスタジオプログラムのような有酸素運動がどちらも行える。
せっかくなら両方やりたい!
そういう人は筋トレ→有酸素の順で行うべき。
そこでも鍵を握るのは成長ホルモンである。
成長ホルモンには、体脂肪の分解を促す協力な働きがある。
脂肪細胞に納められた中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する酸素の働きを高めるのだ。
筋トレをして成長ホルモンが分泌されると、貯蔵された中性脂肪から分解された脂肪酸が血中に溢れる。
脂肪燃焼を狙って行う有酸素でも、通常は脂肪細胞から動員された脂肪酸をエネルギーとして燃やすまでに15分ほどかかる。
でも、筋トレ直後ならハナから貯蔵中性脂肪に由来する脂肪酸が燃えるから、無駄な体脂肪が減りやすい。
どうせ筋トレも有酸素もやるなら、5分ほどのウォームアップ後に筋トレ→有酸素の順番でやったほうが、体脂肪も減らせて速攻でカラダ作りが行える。
筋トレで成長ホルモンが出るとその後6時間ほどは中性脂肪が分解されやすい状態が続く。
自宅で筋トレした場合でも、その後にひと駅分歩くなどして活動量を増やすと、体脂肪が燃やせてカラダは絞りやすい。

Q楽して筋肉が大きくなるトレーニング、ありませんか?
Aそんなうまい話はありません
ラクに筋肉が大きくできるならそんな嬉しいことはないが、残念ながらそうは問屋が卸さない。
毎年のように「これは簡単で効くかも?」と思わせる新たなメソッドが登場しては次々とはかなく消えていく。
たとえば、前ページで触れたように、従来想定されていた負荷より軽めの30%1RMでも筋肥大は起こるが、そのためにはオールアウトするハードなセッションを4セット続けることが求められる。
自体重しか使えない場合は別として、ダンベルなどがあるなら75%1RMで10回×3セットというオーソドックスなプログラムの方がずっと気楽である。

それに筋肉だけ太くしても、それに筋肉だけ太くしても、それに筋力が伴わないと絵に描いた餅。
加えて筋肉のみならず、周りの骨や腱が丈夫になり、関節の機能が高まってこそ、つけた筋肉を適切に稼動させる環境が整う。
「筋力を高め、骨、腱、関節の機能を向上させて運動能力を向上させ、ホルモンや代謝環境まで整える。
それを一挙に実現してくれるのが、オーソドックスなプログラムで行う筋トレなのです。」
代わり映えがしないようだが、おなじみのやり方で地道に鍛えるのが、総合的に見てもっとも合理的なのだ。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう!




このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ