スタッフブログ

2017年2月24日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

整柔整師コジマの四方山話 118

  おはようございます。この間、強風の中、ガスボンベの処分に千葉県・流山市に行ってまいりました。地元には環境センターなる施設がありますが、中身の残っているものは対象外。そこでいろいろ調べてみわけですが、どうにも決定打がありません。ガスさえ抜けていれば捨てるのも簡単なのですが、私の持っている物は未使用のもの。かなり前にガスランタン用に買ったものですが、なぜだか使われずずっと放置されていたものです。接続する上のランタン部があれば少しずつ使って消費する手もありますが、肝心のランタン部がありません。加えてかなり前のものですから、どこに経年劣化があるかもしれません。

 ネットで調べたもののなかに、水に沈めた状態で錐と金槌を使って穴を開けるというのが。穴を開けるときに、もしかしたら発生する火花の心配がないというものですが、それでもどうも怖い感じがします。加えて錐も金槌も手元にありません。写真のように、けっこう大きいのです。家庭用ガスコンロに使よく使うものとは違います。



 そして偶然、販売元のサイトに辿りついたわけですが、そこにガスボンベの処分についての情報がありました。全国の直営店に行けば、無料で引き取ってくれるとあります。もちろん、純正品が対象です。これなら、往復の電車賃だけで済みます。その中から一番近い流山店に行くべく出かけたのですが、最寄駅から5~10分くらいと聞いていたにもかかわらず、実際はかなりの距離。たっぷり20分以上かかりました。加えて強風です、駅からの往復ですっかり疲れてしまいました。帰路は、駅構内の書店で、白石一文氏の近刊の文庫「彼が通る不思議なコースを私も」を購入、空いている車内で読み入っている間に、降車駅を間違えて慌てて飛び下りてしまった次第。寒風の中、ホームで次の電車待つはめに。

 帰宅後に見ていたTVの天気予報の中で、聞き慣れない言葉がありました。「休眠打破」。「桜は夏に翌春咲く花芽を形成する。いったん休眠に入った花芽が、冬季に一定期間低温にさらされ休眠から覚めること。その後の気温上昇と共に花芽は成長して開花に至る。冬暖かすぎると春先の気温が高くても開花が遅れることがある。桜の開花予報の大きなポイント」(出典:知恵蔵2015)

 そして、似ている言葉「眠眠打破」が急に思い浮かびました。ご存知の方も多いと思いますが、眠気覚ましのドリンク剤です。仕事が終わらないけど、とにかく眠たい、高速道路を延々と走っていてウトウトする、そん経験がありませんか? そんなときに愛飲しておりました。もしかしたら、この商品名は、この休眠打破からネーミングされたのでしゃないか? そこで調べてみましたが、メーカーサイトやその他にも、想像を裏付ける情報は発見できませんでした。残念。

 今年の桜の開花予想は、気象予報会社によって分かれています。早いもので23日、遅いもので25~26日。これも、今年の休眠打破がどうなのかの捉え方の差のようです。いずれにせよ、あと1か月ほど。待ち遠しい春も、もうすぐそこまでやって来ています。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31