スタッフブログ

2017年2月 8日 水曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。
 
先週から勝手に始めました(笑)
白石康次郎さんシリーズ!

長野県の大好きな専門学校
上田情報ビジネス専門学校、略してウエジョビに行ってまいりました。
白石康次郎氏ヴァンデ・グローブ報告会inウエジョビです^^

白石康次郎さんのヴァンデ・グローブ
無寄港無補給約80日間のヨットレースは4年に一度の地球を半周する過酷なレースです。白石康次郎さんが30年の夢を叶え、アジア人として初出場を果たしました!ヒダカズ先生を筆頭に私たちは6年間、応援し続けてまいりました。ヒダカズ先生の夢が叶った瞬間でもあります!

海は...自然は容赦ありません。
初めてだからとか、気持ちがどうとか、具合い悪いからとか、船酔いするからとか、関係なく波が高くてヨット揺さぶりますし、嵐もあるし、いろんな日があります。

また、自然と合わせてヨットには通信機器、工具、医療具などなど、ハイテクな機械もあり、その知識も必要です。

ヨットがスピードを出し走る中、常に決断が必要です。

白石康次郎さんの挑戦する姿勢や想い、本当にココロからかっこいいと思うし、挑戦の中に愛がいっぱい感じられ、発する言葉が、私たち人生に勇気を与えることばかり。

ヴァンデ・グローブのレースをスマホアプリや白石さんのfacebook投稿を常に見つめていました。

レースの様子は、テレビ朝日報道ステーションでも毎週取り上げられ、白石さんが発する言葉の数々に、番組出演者の皆さんも勇気をもらう様子がまた印象的でした。

セールが破れてしまった時も、「道具」への愛情感謝の姿勢は尊敬のまなこです。

「愛と勇気と忍耐」
名言がポンポン出ます!

が、
悲しい決断する日がきました。
マストが折れて、これ以上レースを続けることが危険。リタイアです。12/4のことでした。。

白石さんは常に笑顔をココロがける決意をしてレースに挑んでいましたが、この時ばかりは涙枯れ果てるまで泣きました。

自分のために泣いてるのではないんです。これまで自分を応援してきた人たちに対しての涙です。

でも、その後の白石康次郎氏の生き様が、私の白石熱を「ボーボー」にしました(笑)

白石さんは、
日本の子供たちに「見事な負けっぷり」を見せることができたと仰います。
挑戦することは、必ず失敗があるんです。
失敗を恐れていては、何も始められなくなってしまいます。

あゝ、私が語るとうまく伝わらないので、素敵なブログのリンク貼ります♡
http://hidakazu.naganoblog.jp/e2029151.html

報告会では、そんなこんなの内容があの時はこんなだった、こんな想いだったなどなど、白石さんから飛び出す宝の言葉の数々に感動しまくりました!

その様子は、ヒダカズ先生が編集し、ユーチューブでアップされますので、その際はお知らせします!お楽しみに(≧∇≦)

ココロに強烈に残ったのは
また、同時に誓ったのは
「どんな時も笑うんだ」

白石康次郎氏は
3年後のヴァンデ・グローブに挑戦します!
失敗したら終わりじゃないんです!
また、挑戦すればいい。

どんな勇気をもらえてるだろう。

今年、私はいよいよ挑戦するけれど、たぶん失敗を繰り返すし、自分の限界も感じるかもしれません。でも、また立ち上がり挑戦します(*^^*)
白石康次郎氏、これからも応援します!

ランチでウエジョビで大好きなみんなと素敵な時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまた来週お会いしましょう♪ 

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31