スタッフブログ

2017年1月25日 水曜日

寄り添う姿勢で評判の戸塚安行整骨院

みなさん、こんにちは。
受付の新井です。

先日は、
大好きなシブ読に行ってまいりました(*^^*)
※シブ読は、渋谷読書大学の略。渋谷スクランブル交差点を渡ったところにある
 大盛堂書店の3階で定期的に本出版イベントが開催されています。

渋谷駅ハチ公で大好きな仲間と待ち合わせ♡スクランブル交差点を踊る気持ちで渡ります(*^^*)

大盛堂書店は開場前から、次々と現れるお馴染みな仲間たちで盛り上がります(笑)

シブ読の魅力は
著者を間近にして、アットホームにあたたかい時間が繰り広げられる世界。
特に大好きで尊敬してやまないヒダカズ先生こと比田井和孝先生プレゼンツ、
一里塚華劇団団長進行(シブ読のメイン進行)、
ゲスト喜多川泰先生の会は、
笑っているうちに時間があっと言う間に過ぎてしまう、
なんとも素敵な時間なのです。

そして、発せられる言葉の数々が深い。。

今回、喜多川先生の本に対する強い覚悟、
一里塚華劇団団長の強い覚悟をヒダカズ先生が絶妙に引き出し、
読書は世界を救うのだとさらに本気で思えた時間となりました。
本気で生きる姿を、覚悟を目のあたりにし、本当にかっこいいと腹の底から思いました。そして、そうありたい!と強く思いました。

喜多川泰先生の今回の新刊
『秘密結社Ladybirdと僕の6日間』。
2回読みました。読めば読むほど感じ方が異なり、
1人の青年が本気で生きる大人に出会い、本気で生きることに目覚めた時、、、、
喜多川先生の切り口描写宝の言葉の数々に引き込まれます。

今、迷いが生じてる方でも
そうでない方でも
読書大好きな方も

そして
読書は苦手、読んだことがない方は特に
素敵な一歩になるオススメの本です♡

『一冊の本には
              人生を
                かえる
           力がある
      
           喜多川  泰』

そうだ、本を読もう(JR西日本風)♡

素敵な感動の時間でした。


本日はここまで。

お読みいただきありがとうございました。

それではまた来週お会いしましょう♪


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31