スタッフブログ

2016年10月30日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

みなさんハロウィンイベント満喫していますか?

新妻も友人に誘われましたが、あいにく人混みが好きではないためお断りさせていただきました。

みなさんハロウィンを満喫するのはいいですが、マナーはしっかり守りましょう。

それでは今日のブログに入ります。

①心理的ストレスから大脳が緊張し胃に影響する
心理的ストレスが重なると①大脳が緊張していく。
すると②自律神経のバランスがくずれ、③胃に悪影響があらわれやすくなる。

②胃の硬直が周囲に広がり腹直筋の力がなくなる
胃へのダメージは神経を介し、腹部全体へと広がっていく。
胃潰瘍など胃に深刻なダメージが加わるとさらに悪化し、直下にある④腹直筋の力が抜け始める

③季肋部周辺の筋肉が弱くなる
また、心理的ストレスから息を吸う力が弱くなり、⑤肺の動きが悪くなる。
すると肋骨全体が下がって肋骨のすぐ下あたりの⑥季肋部が詰まり、体をひねる動作や倒す動作(内腹斜筋・外腹斜筋)がスムーズにおこなえなくなる。

④肋骨の可動性が悪くなって骨盤に影響
体幹の動きが制限されると肋骨の可動性が悪化し、これにより肋骨と腸骨稜を結ぶ⑦腰方形筋が硬直して、腸骨が動かなくなっていく。
すると⑧骨盤が後傾し、全体的に動きが硬くなる。

⑤呼吸の弱まりが下後鋸筋にも影響し下丹田にも連鎖
呼気が弱まると、横隔膜をサポートする⑨下後鋸筋にさらに負担がかかり硬直し始める。
この筋肉は胸椎の12番から腰椎2番とつながっているため、⑩腰椎3~5番にも負担がかかる。
その呼吸の制限から⑪下丹田に呼吸が入らなくなり弛緩する。

⑥さまざまな要因が重なり腰は機能不全に
腹直筋から力が抜ける、体幹の動きが制限される、下丹田の弛緩、腰椎への負担が重なって耐えきれなくなり、突然激しい痛みに襲われる。

それでは今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。






このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31