スタッフブログ

2016年7月22日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

柔整師コジマの四方山話 90

  おはようございます。明けそうで明けない関東地方の梅雨。東海

地方は明けましたが、関東はいつになるんでしょう。昨日も、ぐず

ついた天気で、予定していた墓地内の植栽の植え替えには行けませ

んでした。やはり「雨男」なんでしょうか。どこかへ出かける予定

を立てると、なぜか雨になります。用意したツツジの苗木は、来週

まで院の前に置いておくことになりそうです。

 そんなこともあり、午前中はゆったりと。そんな休診日の午前中

に観るのが「にっぽん百名山」(NHK BSプレミアム)。昨日は「浅

草岳」。新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる越後山脈

の一座で標高1585m。花の山として知られ、ヒメサユリが有名。湿

原あり、岸壁ありで、番組でガイドさんが言っていた「豪雪がはぐ

くんだ秘められた名山」(だっと思います)どおりの山旅でした。

学生時代に、越後三山(八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳)とともに登

ったことのある山のはずなんですが、どうにも記憶が蘇ってきませ

ん。お隣の守門岳(すもんだけ)にも行っているはずなんです

が・・・・・・やはり歳でしょうかね。十分に日帰りできる山なので、夏

休みに出かける山の候補になりそうです。そのためにも、来週は登

山用のパンツを探しに行かないと。あとは、久しく使っていない登

山靴のチェックも欠かせません。経年劣化で、ソールが剥がれかか

っているかもしれません。それくらい久火振りになります。

 私事ですが、先週は誕生日でした。スタッフでさえスルーだった

バースデーに、なぜか患者さんがプレゼントを持って来てください

ました。ちょっと感激した次第。いまさら誕生日って歳でもないの

ですけどね。Yさん、ありがとうございました!

 誕生日を迎え、一区切りの年齢になりましたが、そろそろ残りの

人生のほうが短い現実に直面することに。息子は、昨年「就活」で

したが、私は「終活」でしょうか。人が人生の最期を迎えるにあた

ってとる、さまざまな準備や、そこに向けた人生の総括という意味

の言葉ですが、その行為はさまざま。財産分与もその一つですが、

それは心配なさそう。残すほどの財産なんてこれっぽっちもないで

すからね。せいぜい、自分以外には何の価値もない自分の持ち物を

整理しておくことでしょうか。春の引っ越しの際にかなり処分した

写真も、まだかなりの量が残っています。今年は、これらを整理し

ようかと思います。一度だけ、整理をしながら昔を懐かしんでみる

のもいいかもしれません。そしてもう一つ。もしかしたら認知症に

なるかもしれません。そんなときのためにも「葬儀は不要」という

意志表示を文章で残しておこうかと。あとは正確な墓地の場所でし

ょうか。広い場所ですから、一度息子を連れて行こうかと思ってい

ます。

 もう一つテレビで知ったのが「漂流郵便局」。ん、何それ? ど

うも聞き慣れない名前にちょっとひっかかり見てみた次第。

http://missing-post-office.com/about/

「漂流郵便局(旧粟島郵便局) は、 瀬戸内にあるスクリュー型の

小さな島、粟島の丁度おへその部分に在ります。届け先の分からな

い手紙を受け付ける郵便局であり、「漂流郵便局留め」という形で

、いつか宛先不明の存在に届くまで 漂流私書箱に手紙を漂わせて

お預かり致します」とあります。

 番組では、ちょっとした感動ものに仕立ててありましたが、私は

このような手紙は出さないと思います。また、これらは、現地に行

けば読むことができ、実際に訪れる人も多いとか。赤の他人の手紙

を読みに行くという気持ちが理解できないのですが、何を求めてい

るのでしょうか。どんな思いで来るのかのほうに興味がありました

が、ちょっと気持ちは理解できませんでした。興味のある方はご欄

になってみてください。ただ、これはアート作品ということで、日

本郵便とはまったく関係ないことを書き添えておきます。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31