スタッフブログ

2016年5月 8日 日曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

みなさんゴールデンウィークは有意義に過ごせましたか?

しっかり気持ちを仕事モードに切り替え、5月病に負けないようにしましょう!

それでは今日も交通事故に関してです。

任意保険の種類と内容

任意保険は、対人・対物、搭乗者、車両など、補償する対象も商品ごとにさまざまです。
契約書や約款を必ず確認し、自分の保険がどんな損害を補償してくれるのかをしっかりと確認しましょう。

自由化以降の新型保険
1998年に行われた保険の自由化により、「リスク細分型自動車保険」とは、ドライバーごとのリスク(事故にあう確率と予想される損害の大小)によって保険料が設定されている保険のことです。
保険業法施行規則によれば、下表の9項目がリスク項目とされ、保険料の差をつけても良いと決められています。

リスク細分型自動車保険の保険料が変わる要因

①年齢 安くなる条件→30歳以上のベテランドライバー
    高くなる条件→10~20代、高齢者

②性別 安くなる条件→男性
    高くなる条件→女性

③運転歴 安くなる条件→ゴールド免許保持者
     高くなる条件→グリーン免許保持者

④使用目的 日常生活、通勤・通学、業務使用の順で高くなる

⑤走行距離 安くなる条件→年間乗車距離が短いほうが安い
      高くなる条件→長いほど高くなる

⑥車種   安くなる条件→排気量の少ない車が安い
      高くなる条件→SUV車や高級車など

⑦安全装備 ABS、エアバッグなどが装備されていれば安くなる

⑧所有台数 2台目以上を割引としている保険会社もある

⑨地域 各保険会社によるが、事故の多い地域は高い傾向にある

任意保険のセット商品
任意保険には、相手方への賠償を中心とした「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、自分や同乗者の傷害を補償する「搭乗者傷害保険」、「自損事故保険」、「無保険者傷害保険」、「人身傷害保険」、そして、自分の車の補償として「車両保険」などがあります。
SAPやPAPといった保険商品は、これらの保険を組み合わせることによってパッケージ化され、トータル保険商品として販売されている保険です。

それでは、今日はこのあたりで。

また来週会いましょう。

さようなら。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31