スタッフブログ

2016年1月 8日 金曜日

骨盤矯正で評判の戸塚安行整骨院

柔整師コジマの四方山話 64

  新年明けましておめでとうございます、というには遅すぎますが、新年第一回目ですので、ご容赦ください。

 年末年始、みなさんはどのように過ごされたでしょうか? 毎年のことなんですが、部屋の片づけをしようと意気込むものの、結局中途半端に終わり、また前の状態に戻ってしまします。で、今年もまたいつものように意気込むものの、ほとんど片付はできませんでした。唯一できたことと言えば、ベッドが(普通に)寝られるようになったこと。半分以上を占めて何とも寝ずらかったベッドの上から本や書類が消えました。ベッドって、こんなに広かったんですね。その他、浴室や洗面所、トイレ、リビング、台所と、掃除する場所はいくらでもあります。こちらは、少しずつ春までにはなんとかしたいと思っています。

ところで、世間一般での一大イベント大掃除をしないで、お前は何をしていたんだという問いにもお答えしておきたいと思います。
昨年秋以来熱中していた干物作りと自作カレーは、やや飽きてきたので中断し、今度は、干物作りで使っていたネットを使った乾燥野菜と、季節がら揚げ餅作りを始めた次第。

 冷蔵庫の野菜室を覗いて見てください。買ってはみたものの使い切ることができず、冷蔵庫でじっと蹲っている野菜はありませんか? 干し野菜は皮ごと食べることができ、また野菜の持つ旨みも凝縮されます。野菜によっては、天日に干すことで栄養価が増すものもあります。干すことのメリットは「野菜本来の味が凝縮されるとともに糖度が上がり美味しくなる」「水分が抜けているため味がすぐに染み込み煮崩れない」「加熱に必要な時間も少なくなり電気やガスも節約」「保存食となり日持ちする」などなど。干し野菜といえば、大根やしいたけなどが思い浮かびますが、たいていの野菜は干し野菜にすることができます。ただし、レタスやもやしなど水分が多くて傷み安いものは避けてくださいね。

そんな私が干したのは、以下の野菜です。トマト、人参、パプリカ、
大蒜、キノコ。皆さんの冷蔵庫にもありそうですね。なかでもトマトはお勧め。これは、種を取り除いて皮付きのまま干します。まずは、干し上がりやすいプチトマトがお勧め。かわいい小さなドライトマトに仕上がります。この他にも、レンコンやナスなどもやってみたいと思っています。

さて、昨年末は29日までが診療日でしたから30日からお休みを頂戴いたしました。以前お話しした肩甲骨回りの痛みもまだ残っています。ということもあり、30日はたっぷり朝寝坊。目覚まし時計をセットしないで寝るのは嬉しい限り。でも、とりあえずいつもの時間には目が覚めます。そして、そこから寝るのが気持ちいい。そうして昼近くまで寝たのですが、実はこれがいけなかったのかもしれません。起きてはみたものの身体が妙にだるいのです。そうこうしているうちに一日が、何もせずに過ぎ去って行きました。

 こういうのを、いわゆる「寝だめ」というのでしょうか。でも、いろいろ調べてみると、どうも人間は寝だめができないというのです。日々蓄積した負債(寝不足)を、溜まったから一括返金というわけにはいかないのです。お金のようにはいかないのですね。

 これには、皆さんも聞いたことがあると思いますが、体内時計に関係してきます。私たち個々に備わっている体内時計は、実は光によって、そのリズムがコントロールされているのです。起床後に光を目に入れることで睡眠ホルモンの分泌が止まり、そこから約15時間前後に再び眠気が訪れるように体内時計がセットされます。ですから、休日に遅い時間まで眠っていると、その日の就寝時刻も遅くなり、出勤日の起床も遅くなります。休みの日の夜は翌日から始まる1週間に備えて早く寝ようとするのですが、体内時計が後退しているのでなかなか寝付くことができないわけです。

 このように、人間は眠りにつく時間を自分の意思ではコントロールできないのです。こうして睡眠覚醒のリズムを乱してしまうと、質の悪い睡眠しかとることができません。成長ホルモンやメラトニンなどが十分に分泌されなくなり、疲れた身体を回復させるような眠りにはならないのです。そして、疲れをとるという思いとは逆の状態になってしまいます。ですから、休日の朝寝坊は、ぜいぜい2時間くらいまでにしてきましょう。それでも眠い場合は、夕方前までに15分くらいの仮眠を。でも、仮眠とはいえない時間を寝てしまうこともありますよね。なので、必ず目覚ましをセットしましょう。

 こうして、なんとか軌道修正しながら5日間の休みを、部屋掃除をしながら過ごして出勤日に備えたのですが、いざ勤務が始まると、忘れていた肩甲骨回りの痛みが少し出てきました。やらなきゃいけないことはたくさんありますが、お酒を控え、もう少し早く寝ないと思っている次第。来週明けの祝日を楽しみに今日からの3日間、頑張っていきます。今度の土日は多くのご予約をいただいていますが、まだ空きはありますので、早めのご予約をお願いいたします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31