スタッフブログ

2015年12月 2日 水曜日

自律神経施術で評判の戸塚安行整骨院

 みなさんこんにちは、受付の五島です。

小学校や幼稚園では、マラソン大会の時期がやってきました。

マラソン大会が大嫌いで、この日ばかりは、学校に行きたくなかったことを

思い出しました。そんな私ですが、進学した高校のマラソン大会は、

女子23キロ・男子31キロを走る事が恒例となっている学校でした。

(パンフレットには、競歩大会を書いてあったんですよ。)

とにかく当日が怖くて、体育の授業では、真剣に走り続けました。

1ヶ月もすると、あんなにマラソンが嫌いだった私が、10キロは、

易々と走れるようになっていました。継続は力なりです。

30位までは商品がでると聞かされ、本番も真剣に走ると、

なんと結果は400人中23位!!奇跡がおきました。

商品があまりにも大したことがなかったので、翌年からは、

ゆるりと走りましたが、それでも50位くらいで、さっさと走り終え帰宅

していました。今走れと言われたらゴメンですが、寒くなってくると

マラソン大会を思い出します。

 さて、継続は力なりとは、よく言いますが、なかなか難しいですね。

自律神経からくる不眠も、不眠対策をしばらくしっかり続けることで

効果を実感してくるはずです。できそうなことから、続けて取り組んでみましょう。

 不眠改善に適しているビタミンの一つにビタミンB12があります。

ビタミンB12は、精神の安定にも役立つ神経伝達物質セロトニン作りに

働きます。ビタミンB12は、レバー・卵・カキ・豆類などに多く含まれます。

また玉ねぎ・ニラ・にんにくなどの香味野菜には、硫化アリルという香り成分には、

神経の鎮静作用があります。このことから、夕飯には中華の定番ニラレバ炒め

などがオススメです。
 
 もちろん不眠解消には、朝食をしっかりとって、朝の脳をしっかり目覚めさせ、

生活にメリハリを付けることも大事です。あまりにも遅い時間の夕飯も

睡眠中に内蔵が動くので、よい睡眠の妨げになるので、注意しましょう。

夕食のメニューにニラレバや餃子を。眠りにつく 2~3時間前にしっかりと

食事をすませましょう。きっと良い眠りを得られるとおもいます。

では、また水曜日に。






このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31