スタッフブログ

2015年10月27日 火曜日

オイルマッサージ施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

受付兼オイルマッサージ担当の佐藤です。

今回はストレス性の不調についてお話していきます。


ストレスや緊張、不安などの感情に脳の視床下部と下垂体は

敏感に反応し、影響を受けます。

その結果、自律神経や内分泌の調節機能が乱れ、便秘や下痢、

月経不順、無気力、倦怠感などの不調につながってしまう事があります。

休息することによって機能は回復するので「心地よい」と感じ、

リラックスできる香りや状況によって心身を刺激・強壮する精油を

組み合わせていくと良いでしょう。

身体を温め、消化力や排泄力を高めることによって気力を

充実させることもできるでしょう。


<アロマケアのポイント>

●精神を鎮静、高揚させて、リラックスするために

 → 抗ストレス、鎮静、自律神経調整作用のある精油を。

●冷えを緩和し、体液の循環を促進させる

 → 加温、血流促進、うっ滞除去作用のある精油を。

●やる気を起こし、活動的にする

 → 交感神経強壮、神経強化作用のある精油を。


嗅覚刺激は、ダイレクトに脳の大脳辺縁系に伝えられます。

大脳辺縁系は、快・不快などの情動や食欲、性欲などの

本能行動を調整しています。

香りによって気分に変化が起こるのは、そのためだと考えられて

います。

過去の楽しい記憶と香りが結びついている場合も、その香りで

安心感を覚えます。

リラクゼーションする際には、大好きな香りを選ぶことが

良いという事ですね。


★お部屋を心安らぐ香りの空間に★

精油の拡散は、アロマテラピーの効果を体感しやすい方法です。

香りが広がった瞬間に、いつものお部屋が特別な場所に変わります。

お勧めのレシピ

フランキンセンス 2滴

オレンジスイート 3滴

ボウルに80度くらいのお湯を入れ、上記の精油を落として

香りを拡散させます。

一度お試しください!




このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31