スタッフブログ

2015年8月 8日 土曜日

交通事故施術で評判の戸塚安行整骨院

こんにちは。

戸塚安行整骨院の新妻です。

いきなりですがお盆休みのご連絡です。

8月11日(火)~8月14日(金)まで医院のお休みをいただきます。

ご不便おかけしますがご理解いただければと思います。

それでは前回の続き、「事故後の治療について」です。

3.治療院に行く

治療院(接骨院、整骨院など)では、受付のときに問診票が渡されます。

その問診票に現在ある症状や発症した期間、原因となるきっかけなどについてあらかじめ記載しておきます。

また、病院からの診断書の写しを用意しておき、持参するといいと思います。

問診票には、痛みのある箇所や事故に遭ったときの状況などを具体的に記入する項目があります。

「どうして痛くなったのか?」「原因はどこにあるのか?」ということをあらかじめ整理しておきましょう。

この問診票をもとに問診(カウンセリング)がおこなわれます。

たとえば、交通事故のむちうち症といっても、痛みや症状は個人個人によって異なります。

ですから、カウンセリングで直接話を伺うことが非常に重要なのです。

問診表は、自分の症状を伝える手段の一つです。

詳しく問診票を記入することで、状況はより明確に伝わりやすくなります。

4.カウンセリング

問診票に書かれた内容や診断書の写しなどを参考にして、治療にあたる先生やスタッフが直接症状を確認していきます。

まず、どこが痛いのかを見たり直接触れたり、動かしたりしながら原因を探っていきます。

おおよその原因がつかめたところで、症状についての説明があります。

わかりにくい事柄があったら、遠慮せずに質問したほうがよいでしょう。

このようにまずはカウンセリングで、治療の方針を決めていきます。

それでは今日はここまで。

また次回続きを説明していきます。

それではまた明日。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31