スタッフブログ

2015年7月22日 水曜日

自律神経施術で評判の戸塚安行整骨院

 おはようございます。

受付の五島です。

いよいよ、梅雨開け宣言もでて、夏本番ですね。

我が家にも昨日からビニールプールが

お目見えしました。

プールではしゃぐ子供たちはいいのですが、

炎天下でプールの番人をするのは、本当に過酷です。

日焼け、暑さ対策必須です。

 埼玉の海(しらこばとプール)にも、夏の間に

一度は行かなければならないでしょうね~。

 
さて、本日は生活改善のなかでも特に

食事に関して書いていきたいと思います。

食生活のポイントとはどんなところにあるのでしょうか?

 皆さんは、一日三食を規則正しくとっていますか?

朝は忙しくて食べていないという人は、いませんか?

朝食は一日の中で最も重要な食事とも言えます。

 生物時計によって、夜は血圧・脈拍・呼吸ともに

低下しています。朝は、その全てを上昇させて

一日の生活の準備をする時間です。朝の間に

全てを上昇させるエネルギーをとる必要があるのです。

しかしながら、朝食を取ったとしても、

食事は4~5時間で消化されてしまいます。

ですから、昼・夜の食事も適格な間隔をあけて、

取る必要があるのです。

 栄養面では、「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」

「ビタミン」「ミネラル」の五大栄養素をバランス良く

とることが重要です。この面からすると、和食は

とてもりにかなっています。しかし最近は、

欧米型の食生活が主流となり、バランスが乱れやすく

なりました。動脈硬化や糖尿病はまさにその結果の

現れです。一日30品目を摂取しましょう なんていわれると

面喰ってしまいますが、主食・主菜・副菜 という和食の献立を

意識するだけでも、自然とかなりの品目数をカバー出来るのです。

 一汁三菜という和食の言葉がありますね。一汁とは文字通り

汁物。三菜とは、メインディッシュ(肉・魚)と副菜として、

野菜・豆・豆製品・海草とご飯でバランスが整うというものです。

 まずは一日1食でも和食を必ず取る努力をして、

身体をいたわり、ストレスから守っていきましょう。

 次回水曜日に。










このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31