交通事故についてのよくある質問

2014年2月26日 水曜日

交通事故について

Q 追突事故に遭い、相手は任意保険に

未加入ということが後でわかりました。

治療費はどうなるのでしょうか?

A 停車時に後方からの追突事故は、相手

側に過失責任が100%あることになります。

したがって、自車側車両に関しては、その

修理代金の全額、修理期間中の代車の手配

とその費用を請求することができます。ケガに

関しても、治療費、慰謝料、休業損害、その他

治療に関する諸経費を請求できます。しかし

相手側が任意保険に未加入の場合、車両に

関する損害額の支払いは、慈悲にて支払いを

求めなければなりません。

ケガをした場合、被害者側が病院、治療院

を選択して通院しても大丈夫です。ただし、

相手側が任意保険に未加入の場合、被害者

自身の健康保険を利用して当面の治療費の

支出を抑えた方が良いでしょう。たとえ

加害者側に治療費負担が困難な場合でも

自賠責保険で被害者請求をすることにより

保険金の一部を先に請求することもできます

それが「内払金請求」や「仮渡金請求」と

いった制度です。治療終了後は、

「慰謝料」や「休業損害」などが請求できます

それと同時に病院で診断書を発行してもらい

警察署の交通課に提出し、人身事故扱いに

する手続きを行いましょう。人身事故証明を

取得すると、自賠責保険への請求がスムーズ

になります。人身事故手続きによって、加害者

は業務上過失傷害の罰則と免許証に対する

行政処分が科せられます。

治療費その他に関しては、全額加害者に

請求することになります。支払いが困難な

場合、上記の通り健康保険を使用すること

になりますが、健康保険立替分以外の

実費負担分3割については、加害者負担が

可能か否か協議します。

また、健康保険を使用する際には、健康

保険証を発行している市区町村の健保窓口

または社会保険事務所で「第三者行為による

被害届」の書類を提出する必要があります。

健康保険の使用や自賠責保険の請求方法

など、詳しくは最寄りの保険事務所、保険

会社、交通事故相談所などで相談されると

良いでしょう。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院