スタッフブログ

2014年1月14日 火曜日

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨密度を減少させ、骨構造物を劣化させる

進行性の代謝性骨疾患です。

骨格が弱いと、特に胸椎と腰椎、手関節、股関節で、軽度

または不顕性の外傷で骨折に至ります。

急性または慢性の背部痛はよくみられます。

Ⅱ型骨粗鬆症は、老化に伴い骨梁骨と皮質骨の両方に

起こる骨芽細胞の正常な緩やかな数の減少や活性低下に

起因します。

一般に60歳以上に発症し、女性は男性の2倍です。

体重負荷を含むストレスが骨成長のために必要であるので、

不動または長時間の剤は骨量の減少を招きます。

やせていることも骨量を減少させやすくなります。

カルシウム、リン、ビタミンDの摂取が不十分は食生活は

骨量の現象の要因となります。

喫煙やカフェインまたはアルコールの過度の摂取も骨量に

悪影響を及ぼします。

 



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31