スタッフブログ

2013年12月24日 火曜日

腰痛コルセット

腰痛の時コルセットを巻くと確かに楽になります。

理由の一つは腹圧が高まるからです。

お腹には内臓を収めた腹腔という袋があり、その内側に

かかる圧力を腹圧といいます。

腹圧が高まると、腰椎を伸ばす伸展モーメントが高まります。

背骨は横から見るとS字カーブを描き、腰椎は前湾して

います。

腰に大きな負担が加わったり、腰椎を支える筋力が衰え

たりすると、この前湾が強くなり、腰痛の引き金になります。

腹圧が高まると腰椎が正しく伸びるため、痛みが軽くなる

ことが多いのです。

二つ目の理由は、コルセットを外側から巻くと、普段は

立っているだけでも緊張を強いられている隊幹部の筋肉が

リラックスできるからです。

筋肉の緊張は血行を妨げて痛みの原因を作ってしまうので

コルセットを巻いて筋肉が緩むと痛みは軽くなります。

注意すべきはコルセットの巻き方です。

腹巻きのようにウエストに巻くと腹圧を高める効果は低く

なります。

骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)をコルセットの下端が確実に

包み込むような低いポジションで巻くのが効果的です。

但し、強く圧迫しすぎると腹部の血流を阻害する可能性も

あります。

痛みが強い場合は晒やギプス固定という方法もあります。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 戸塚安行整骨院スタッフ

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31